古平を彩る「天狗の火渡り」 琴平神社例大祭/北海道

琴平神社例大祭の「天狗の火渡り」が2017年7月8、9の両日、行われたと「どうしんウェブ」で記事になっていました。 祭りの名前は「天狗」ですが、この天狗は猿田彦を意味し、一本歯の高げたで火を渡り、神輿や山車を清める儀式とのことです。 【ニュースソース】 http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/area/doo/1-0419342.html

続きを読む

枕返しの幽霊の正体  栃木

栃木県大田原市の大雄寺の幽霊伝説が記事になっていました。 以下、引用します。 江戸時代、八溝峠を越えて隣の町から行商人が黒羽城下にやってきた。商売に精を出し、気付くと日も暮れ、宿を探すが、どこもいっぱい。途方に暮れていると、町の人が大雄寺を紹介した。寺に頼み、一夜の宿を借りることになった。住職に通されたのは庫裏(くり)の「牡丹(ぼたん)の間」。疲れていた行商人はすぐに眠りについたが、夜更…

続きを読む

くも舞いと牛乗り/秋田

「東湖八坂神社の統人行事」の祭事「牛乗り」「くも舞い」が2015年7月7日、秋田県潟上市天王の同神社周辺と船越水道で行われたと記事になっていました。 スサノオノミコトとヤマタノオロチの対決の神話を模した行事とのことで、スサノオは牛なのでわかりますが、クモは、どこからきたものか。クモのように身軽に舞ったからでしょうか。 【ニュースソース】 http://www.sakigake.jp…

続きを読む

魚の供養と豊漁祈願 「シットロト踊り」奉納 高知

無形民俗文化財に指定されている「シットロト踊り」が2014年7月6日、四国霊場26番札所の金剛頂寺や25番の津照寺のほか、集落の小さな祠、漁業関係の店やドックなど室戸市内28カ所で披露されたと朝日新聞DIGITALで記事になっていました。 【ニュースソース】 http://www.asahi.com/articles/ASG773PTVG77PLPB003.html

続きを読む

迫力、4メートル超の大鬼 15~19日に宇都宮・八坂神社天王祭/栃木

昔話「桃太郎」を題材にした人形が十日、宇都宮市今泉四の八坂神社の境内にお目見えしたと東京新聞で記事になっていました。 天王祭は江戸時代から続く行事。神話など毎年違うテーマを題材にした人形を飾り、家内安全や無病息災を願うのが名物となっているそうです。 【ニュースソース】 http://www.tokyo-np.co.jp/article/tochigi/20120711/CK2012…

続きを読む

水害伝える大蛇/新潟

新潟県関川村で2010年8月29日、「大したもん蛇まつり」が開かれたと記事になっていました。 このまつりは、多くの犠牲者を出した1967年8月28日の羽越大水害を次世代に語り継ぎ、地域おこしを図ろうと、村に伝わる大蛇伝説を題材に、1988年に始まったものと紹介されています。 【ニュースソース】 http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/niigata/new…

続きを読む

暴れぐず、見事退治 加賀・動橋で奇祭 /石川

加賀市動橋町の奇祭「ぐず焼まつり」が、2010年8月27日夜、祭礼の幕を開けたそうです。 祭りは、昔、動橋の田畑を荒らし娘をさらう怪魚「ぐず」を退治した伝説を再現しているもので、若衆が担ぐ全長約12メートル、高さ約3メートルの化けぐずが町内を暴れ回るというものです。 【ニュースソース】 http://www.toyama.hokkoku.co.jp/subpage/H2010082…

続きを読む

「飴屋の幽霊」出た~ 長崎・光源寺で年に一度の開帳/長崎

民話「飴屋の幽霊」の舞台とされる長崎市伊良林1丁目の光源寺で2010年8月16日、年に一度となる幽霊像の開帳があったと記事になっていました。 約260年前、幽霊となった女性の夫で大工の藤原清永がつくったと伝えられている木製の像と紹介されています。 【ニュースソース】 http://mytown.asahi.com/areanews/nagasaki/SEB201008160049.…

続きを読む

黒鬼に扮し子どもら「盆綱引き」 筑後市/福岡

奇祭「盆綱曳き」が2010年8月14日、福岡県筑後市の久富地区であったと各紙で報じていました。 全身にすすを塗り、真っ黒な鬼に扮した子どもが大綱を引いて練り歩くというものです。 【ニュースソース】 http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/190964 http://www.chunichi.co.jp/s/article/201008140…

続きを読む

【千葉・「怪奇」伝承の地を歩く】(2)銚子市外川の「海んば」/千葉

産経ニュースで、千葉県には、山姥ならぬ、海んば(海姥?)の伝説があると紹介されていました。 しかし内容を読んでみると、海んばでもなんでもないようで、単なるひとりの女性「おさつ」を、周囲の人間が海んばと思い込み、したてあげた挙げ句に殺人を起こすという、いわゆる魔女狩りに近いものです。 ヤマンバは、昔話のなかでは悪者として描かれることもありますが、もともとは山の女神であり、信仰の対象です…

続きを読む

うわじま牛鬼まつり:きょう開幕/愛媛

愛媛県宇和島市の夏を彩る「第44回うわじま牛鬼まつり」が2010年7月22日、開幕したそうです。 23日は子ども牛鬼パレード、最終日の24日は親牛鬼パレードや和霊神社前の須賀川で山車の走り込みなどがあると紹介されています。 【ニュースソース】 http://osaka.yomiuri.co.jp/season/20100723-OYO8T00412.htm http://main…

続きを読む

安倍晴明で地域おこし 住民有志の団体発足/和歌山

和歌山県田辺市龍神村殿原の住民が、平安時代に活躍したとされる陰陽師・安倍晴明の伝承を生かして地域おこしをしようと「殿原晴明会」を発足させたと紀伊民報で記事になっていました。 龍神村殿原にはこの地を訪れた晴明を住民が祭った安倍晴明神社があるほか、晴明が妖怪を封じたとされる「猫又ノ滝」など、史跡や伝承が数多く残っているのだそうです。 安倍晴明の伝説や史跡は大阪、京都、福井などにあると聞い…

続きを読む

妖怪を画像検索できるデータベース/京都

国際日本文化研究センターは2010年6月16日、妖怪や怪異現象の画像を検索できるデータベースを公開したと記事になっていました。 日文研が所蔵している近世・近代の絵巻物などの絵画資料100点から、画像1,826件をデータベース化したもの。名称だけでなく、しぐさ、持ち物、色、原典などさまざまなキーワードで検索可能であることが特徴とのことです。 素晴らしいですね。 怪異・妖怪画像デー…

続きを読む

「田の神」儀式代々継承 四万十市田植えの日豊作願い/高知

豊作を願って水田のそばに<田の神>に見立てた土面を描く「ツグロ様」と呼ばれる風習が、四万十市でおこなわれたと紹介されていました。 この行事が行われたのは、四万十川中流の四万十市西土佐半家(はげ)の農家。 田植えの日に行われるそうですが、文献等は残されておらず、詳しいことは不明とのこと。 ツグロ様という名称も気になります。 【ニュースソース】 http://www.yomiu…

続きを読む

妖怪ケンムン“目撃談”続々 奄美市笠利でイベント/鹿児島

奄美市笠利町用安の奄美民俗村で2010年6月13日、「ケンムン神社祭り」があったそうです。 祭りでは、目撃談が語られたそうで、次のような証言が紹介されています。 1947(昭和22)年9月に目撃したという山田照美さん(73)=同町外金久=は談義の中で「灰色の毛に覆われ頭に皿はなかった」と証言。幼少時代に髪を引っ張られたという川原オナ子さん(77)=同町喜瀬=は「一昨年、サトウキビ畑で驚か…

続きを読む

どっぷり雄物川紀行 伝説編/秋田

秋田市四ツ小屋の村社神明社にある河童の碑と、角館の佐竹北家が報告したというカッパの伝説について紹介されていました。 とりわけ目をひくのが、1861年に、角館の佐竹北家から秋田藩に報告されたカッパの絵図です。 「子供がカッパと組み討ちをした」という報告書の写本で、描かれたカッパは肌赤く長髪。鋭く長いつめを持つ3本指。そして、右手にはサワオグルマの花を持っているのが特徴とのことです。 …

続きを読む

「座敷わらし」福井にもいた! 東北特有の妖怪、草履保管/福井

福井県美浜町金山の豪農の家に住み着いていたと伝わる座敷わらしの草履が、長年保管していた親族から地元の郷土史家の手を経て同町に寄贈されたと47Newsで記事になっていました。 この豪農の家は、明治時代に途絶えたそうですが、次のような伝説が伝わっているそうです。 美浜の伝説は金山集落内にのみ伝わっていた。地元の郷土史家宇都宮肇さん(79)によると、集落のある豪農が1889(明治22)年ご…

続きを読む

化けものが酒の振る舞い/山形

山形県鶴岡市の天神祭(化けものまつり)が2010年5月25日、市内中心部で開催されたと各紙が報じていました。 手ぬぐいと編みがさで顔を隠した「化けもの」が、無言で酒を振る舞うという一風変わった奇祭。 菅原道真公をしのんだ故事に由来するそうですが、ここでいう「化けもの」は、「お化け」というよりも「仮装」という意味が近いようです。 【ニュースソース】 http://www.jij…

続きを読む

東洋大学の人気講義「妖怪学リニューアル」を書籍化した『妖怪学講義』を刊行/東京

東洋大学の人気講義「妖怪学リニューアル」を実況中継した『妖怪学講義』が講談社より刊行されたと大学プレスセンターで紹介されていました。 東洋大学の創立者で、お化け博士の異名を持つ井上円了が120年前、東洋大学の前身・哲学館で「妖怪学」という講義を行ったとの記録があることから、学生の声をうけて誕生したものです。 【ニュースソース】 http://www.u-presscenter.jp…

続きを読む

春日神社神幸祭開幕 神輿、山笠練り歩く 田川市/福岡

2010年5月22日、春日神社神幸祭が田川市宮尾町の同神社やJR田川後藤寺駅前などで始まったと記事になっていました。 先導したのは神楽の鬼。鬼が子どもたちを抱き上げると、健康に育つと言い伝えられるそうですが、ほとんどの子どもたちは怖がって泣き叫ぶとのことです。 【ニュースソース】 http://mainichi.jp/area/fukuoka/news/20100523ddlk40…

続きを読む

妖怪ケンムンを観光資源に 奄美市のリゾート施設/鹿児島

奄美市笠利町用安のリゾート施設「ばしゃ山村」が、妖怪ケンムンを題材にした観光メニューをつくったと南日本新聞で記事になっていました。 昨年秋には施設内にケンムン神社を建立。2010年6月13日にはケンムン神社祭りを開き、市立奄美博物館の中山清美館長らによる座談会などを計画しているとのことです。 ケンムンが町おこしにひとやく買ってくれたらいいですね。 【ニュースソース】 http…

続きを読む