「小滝のチョウクライロ舞」奉納/秋田

慈覚大師が天安元年、鳥海山にすむ悪鬼「手長足長」を退治した際、感謝の舞を奉納したのが始まりとされるチョウクライロ舞が2008年6月14日、にかほ市象潟町小滝の金峯神社例祭で奉納されたと、さきがけon The Webが報じていました。

テナガアシナガに関するニュースは、なかなか珍しいです。「チョウクライロ」という言葉についてご存じのかたはコメントいただけると助かります。鳥海修験と関係あるとは思うのですが…。

【ニュースソース】
http://www.sakigake.jp/p/akita/news.jsp?kc=20080615f
http://www.sakigake.jp/p/akita/news_photo.jsp?kc=20080615f&img=1

この記事へのコメント

  • みかん

    「チョウクライロ」というのはチョウクライロ舞の中の田楽舞で唱えられる言葉です。一説によると「長恭蘭陵王」が転訛したものとも言われています。
    2008年07月28日 09:17
  • YOKAI News Depot.

    「長恭蘭陵王」の転訛という説もあるんですね。
    ありがとうございます。なかなか興味深いです。
    2008年07月28日 10:19

この記事へのトラックバック