実盛さんのご上洛、稲の虫お供せい 豊作祈る「虫送り」 福崎町大門地区/兵庫

平家の武将、斎藤実盛が源平の戦いで敗走中、稲の切り株に馬がつまずき、敵に討たれたのを恨んで稲の害虫になった-。

…という言い伝えに基づく伝統行事「虫送り」 が7月20日、兵庫県神崎郡福崎町東田原大門地区で行われたと神戸新聞で記事になっていました。

たいまつと実盛人形とともに神社を出発。集落や田んぼの中を通って桜池まで練り歩き、たいまつと実盛人形を燃やして五穀豊穣を願ったと紹介されています。

ちなみに、民俗学者柳田國男の生家、記念館もこのあたりにあります。

【ニュースソース】
http://www.kobe-np.co.jp/news/seiban/0001254495.shtml

【日時】
2008年7月20日




絵物語 斎藤実盛
さきたま出版会
柳田 敏司

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック