幻の魚求め、釣果は… 朝日連峰縦走/山形

幻の魚、大鳥池のタキタロウについて山形新聞で記事になっていました。

タキタロウとは、山形県鶴岡市の大鳥池にいると伝えられる巨大な魚で、明治時代より記録が残っていますが、公式の記録は残っていません。

旧朝日村(現鶴岡市)企画課と大鳥池調査団が1983年にまとめた調査報告書を一部抜粋します。

「ガバッと水が大きくわれ、水面に長く尾を引いて沖へ泳いでいくタキタロウを見た。1メートル50センチくらいはあった」「三角池沢口でイワナを釣り、引きあげようとしたら、そのイワナを追いかけてきた化け物のような大魚が現れた。(中略)その化け物のような大魚は、馬の頭(顔)のようなタキタロウであった」


【ニュースソース】
http://yamagata-np.jp/news/200808/02/kj_2008080200028.php

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック