100年ぶり獅子頭新調 富山県射水市黒河で躍動感ある演舞/富山

射水市黒河地区の獅子舞新調披露式は2008年10月12日、黒河神社で行われ獅子舞が披露されたと富山新聞で記事になっていました。

黒河の獅子舞は、獅子舞が多いとされる富山県の「とやま獅子舞百選」に選ばれており、胴幕に十人が入る大型の百足獅子。さらに獅子の背中にテングや子どもを乗せる「ノッタカ」が特徴。

今年は、獅子頭、胴幕、天狗の面、衣装、笛、太鼓など獅子舞用具一式が約100年ぶりに新調。黒河神社で入魂式を行い、境内で「参拝」「三つ」など躍動感ある13演目の舞が披露されたそうです。

【ニュースソース】
http://www.toyama.hokkoku.co.jp/_today/T2008101320

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック