イノシシに見立てた団子射抜き「豊作だ」 佐世保・吉井で猪神祭り/長崎

佐世保市吉井町乙石尾地区の「猪(しし)神祭り」が2008年12月13日、五蔵岳のふもとであったと長崎新聞で記事になっていました。

「農作物を食い荒らすイノシシが同地区に出没しないように」との願いを込め、山中に石のほこらを建て、氏神を祭ったのが始まり。猪をかたどった団子を弓矢で射抜くことで五穀豊穣を祈願する。

詳しいことはわかりませんが、推測するに、もともとは弓矢で射抜くような儀式ではなかったように感じます。
おそらく当初は、団子を捧げることで、田畑を荒らさぬように猪神をまつるような祭りだったのではないでしょうか。

【ニュースソース】
http://www.nagasaki-np.co.jp/kiji/20081214/11.shtml

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック