伝統の「ししば祭り」 イノシシの霊鎮める 西都市銀鏡地区/宮崎

古くからの狩猟儀礼を伝える西都市銀鏡地区の祭事「ししば(猪場)祭り」が2008年12月16日、銀鏡川であったと西日本新聞で記事になっていました。

この川原にはイノシシの像が浮き彫りになった巨石があり「猪(しし)の御魂(みたま)が宿る」として信仰の対象になっており、祭りでは、銀鏡川の川原に「オタドコロ」と呼ばれる木組みの焼き場を設け、銀鏡神楽で神前に供えられたイノシシを焼いたと紹介されています。

【ニュースソース】
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/66262

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック