松の枝に幸せ願う 三次で的弓祭古式ゆかしく/広島

伝統神事「的弓祭」が2009年1月7日、三次市甲奴町小童の須佐神社であったと各紙が報じていました。

すくもで矢の形を描いた「的弓畑」の中で、宮司が東西南北に向かい、かぶら矢と弓を3回打ち鳴らして悪魔を追い払った後、若松の間につるした的に矢を放つというもの。

的は、悪魔の目に見立てたもの。
…で、ありながら、的を取り付けた松の枝には健康を保つ御利益があるとか。

追い払われる悪魔でありながら、ご利益をも授けるというのは、「福と災いをもたらす」とされる鬼との共通点があるように感じます。

【ニュースソース】
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/hiroshima/news/20090107-OYT8T00985.htm
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn200901080083.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック