子宝や安産祈願 大垣で奇祭「山の講まつり」/岐阜

江戸時代より伝わる奇祭「山の講まつり」が2009年1月11日、大垣市北西部の青墓町や青野町で行われたと岐阜新聞で記事になっていました。

江戸時代、隣村との境界をめぐり争ったことをきっかけに、境界に「山の神」をまつったのが始まり。
男性のシンボルに見立てたご神体を担ぎ、家々を回ります。新婚の新妻がご神体に触れると、子宝のご利益があるそうです。

山の神は「女性」とする地域も多いのですが、男性のシンボルがご神体という地域も少なからずあるようです。

【ニュースソース】
http://www.gifu-np.co.jp/news/kennai/20090112/200901120824_6854.shtml






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック