竜神担ぎ「山の神まつり」 焼津・高草山/静岡

約8メートルもの巨大な竜神を担ぐ「山の神まつり」が2009年2月8日、焼津市関方の高草山で営まれたと静岡新聞で記事になっていました。

春の到来を喜び、当年の豊作を祈るまつりで、以下のような行事です。

・わらで編んだ竜神を山腹にある「磐座」と呼ばれる巨岩まで担ぎ上げる。
・里を見下ろす磐座に到着すると、竜を安置し、鏡もちや赤飯などを供える。
・磐座から里に向けて大小の矢を放ち、幸多き1年となるよう願を掛ける。
・山の神は矢に乗って里に下り、田の神に転ずるという…。

山の神が竜神というのは、かなり古い信仰のかたちを残しているのではないか。と思います。

【ニュースソース】
http://www.shizushin.com/news/local/central/20090210000000000033.htm

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック