カラス天狗尊像館:巻物なども展示、新たな観光名所に-御坊/和歌山

御坊市内に新たな観光名所「カラス天狗尊像館」が誕生したと毎日新聞などで記事になっていました。

全国的にも珍しいカラス天狗の尊像や尊像の由来を記した巻物などを展示。

このミイラは「伽樓羅王」と呼ばれており、かつて市内で倒れた山伏が所持していたのを小竹八幡神社が預かり、以後市教育委員会が歴史民俗資料館で管理していたというもの。

非常に貴重なもののため、呉服店の一角などでの展示というのに不安が拭い切れません。損傷・劣化などは配慮されているのでしょうか。きちんとした湿度・温度・空調・照明設備のしっかりした場所で保管しておいてほしいものですが…。1年の期間限定とのことですが、何ごともないことを祈ります。

ちなみに、問い合わせは同館(0738-22-4709)まで。

【ニュースソース】
http://www.hidakashimpo.co.jp/news/2009/05/post-104.html
http://mainichi.jp/area/wakayama/news/20090519ddlk30040395000c.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック