河北新報 河北抄/宮城

河北新報の河北抄で、「カッパ神さん」について紹介されていました。

以下、引用します。

 祭日は旧暦6月15日。後に7月15日になったという話も聞く。往時の仙台には、この日までキュウリを食べることを避ける習わしがあったのだそうだ。

 手に手に初物のキュウリを持って、境内に集う。ほのぼのとした昔語りに口元が緩む。
 主立ったカッパ神さんは南町(現一番町)の磯良神社、北六番丁新坂通(柏木)や元櫓丁(国分町)の牛頭天王社、河原町や木ノ下の須賀神社など。多くの社はいま跡形もなく、祭りは人々の記憶の中に残るだけだ。


祭日が6月15日、7月15日というのは、各地の水神祭りや水難除けなどと重なります。
この日を境に、子供たちも水遊びの機会が増え、水の事故が増えることと関係するのでしょう。

【ニュースソース】
http://www.kahoku.co.jp/column/khksyou/20090715_01.htm

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック