ものがたり’09夏:語り継ぐ200の民話/東京

東京都檜原村には、土着の民話が200以上残ると毎日新聞で記事になっていました。

記事中では、ふたつの話が紹介されているほか、天狗、山姥、座敷わらしと言った妖怪たちの物語も残っているそうです。

<大きな川があってな、しっかりした人を人柱に立てないと橋が流されてしまうっていうんで、相撲取りのように村で一番強い吾作っていう人が選ばれたの。『親も兄弟もうんと食べていけるようにお金をあげるから、人柱になってくれろ』って承知させたんだって。長い橋だったっていうけど、その人が人柱に立ったところはいくら水が出ても流れなかったって>

 <ひいおばあさんがな、夜に帰ってきたら、家の前でオオカミが馬に食いついてたんだって。焼酎の瓶を取ってきて横払いに払ったら、オオカミはあごをめちゃくちゃにされて死んだんだって。こりゃいいおかずができたって、ダイコンと一緒に煮て食べたって>


【ニュースソース】
http://mainichi.jp/select/wadai/news/20090709ddm041070104000c.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック