足のサイズは2.5メートル 伊勢志摩で「わらじ祭り」/三重

大漁と安全を祈願する「わらじ祭り」が2009年9月12日、三重県志摩市大王町の波切神社周辺であったそうです。

「わらじ祭り」で使われるわらじは、長さ約2.5メートル、幅約1.3メートル、重さは約80kg。

海や村を荒らし回るダンダラボッチという巨人に大わらじを見せ、自分より大きな巨人がいると思わせて追い払ったという伝説に由来するというもの。ただし、大わらじには巨人が好物の2匹のブリが載せられるとのことで、単純に追い払う行事ではないように思います。

七人婆(しちにんばあ)と呼ばれる女性たちが「祝い歌」を歌い、巨大なわらじを浜から担いで沖へ出し、漁船が沖合までひいて潮の流れに乗せて祭りは終わります。

記事中では約300年の伝統があると紹介されていますが、江戸時代に唐突にこのような祭りがはじまるとは考えずらく、おそらくもっと古い歴史があるでしょう。

【ニュースソース】
http://www.asahi.com/national/update/0912/NGY200909120025.html
http://mainichi.jp/area/mie/news/20090917ddlk24040308000c.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック