「座敷わらし」老舗旅館炎上…宿泊客ら無事/岩手

2009年10月4日午後8時20分頃、岩手県二戸市金田一の旅館「緑風荘」が全焼したと読売新聞など各紙で記事になっていました。

「緑風荘」は、座敷わらしが出る「槐の間」があるとして全国的に評判の高い旅館。2011年の年末まで予約がいっぱいだったということ。

緑風荘に伝わる座敷わらしとされるのは「亀麿(かめまろ)」という屋敷神で、屋敷内には屋敷内に水晶のご神体をまつった「亀麿神社」もある。そもそもの伝承では、南北朝時代の落ち武者の子供、亀麿が奈良から金田一まで落ち延びるも当地で死亡。その後、屋敷の守り神になったと言い伝えられており、『遠野物語』でも紹介されているとか。

旅館全焼は日本の妖怪界にとって非常に残念なニュースですが、宿泊客21人、従業員ら9人にけがはなかったとのことで、それが何よりの救いです。

【ニュースソース】
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20091004-OYT1T00716.htm
http://www.news24.jp/articles/2009/10/05/07145045.html
http://sankei.jp.msn.com/affairs/disaster/091005/dst0910051228008-n1.htm



遠野物語 (集英社文庫)
集英社
柳田 国男

ユーザレビュー:
歴史は反省の学『遠野 ...
「平地人を戦慄せしめ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック