勇壮に「鬼走り」…五條・念仏寺/奈良

奈良県五條市大津町の念仏寺陀々堂で2010年1月14日夜、室町時代中期から続く伝統行事「鬼走り」が営まれたと記事になっていました。

赤、青、茶色の3匹の鬼が大たいまつを持って現れ、堂内を勇壮に走り回って災厄を払い幸いをもたらすというものです。この鬼は親子とされ、それぞれ父鬼、母鬼、小鬼とされます。

【ニュースソース】
http://osaka.yomiuri.co.jp/nara/news/20100116-OYO8T00350.htm?from=ichioshi
http://www.nara-np.co.jp/20100113141003.html
http://www.nara-np.co.jp/20100116095750.html
http://mainichi.jp/area/nara/news/20100119ddlk29040541000c.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

「災いない年に」鬼そろい踏み 五條・念仏寺
Excerpt: 炎で厄を払って新年の幸福を祈る「陀々堂の鬼はしり」が1月14日夜、五條市大津町の念仏寺であった。
Weblog: ローカルニュースの旅
Tracked: 2012-01-17 21:33