「座敷わらし」福井にもいた! 東北特有の妖怪、草履保管/福井

福井県美浜町金山の豪農の家に住み着いていたと伝わる座敷わらしの草履が、長年保管していた親族から地元の郷土史家の手を経て同町に寄贈されたと47Newsで記事になっていました。

この豪農の家は、明治時代に途絶えたそうですが、次のような伝説が伝わっているそうです。

美浜の伝説は金山集落内にのみ伝わっていた。地元の郷土史家宇都宮肇さん(79)によると、集落のある豪農が1889(明治22)年ごろに母屋を改築した際、背後の金向(かねこ)山から大黒柱にするアカマツを切り出すと、一緒に座敷わらしが住み着いた。屋根裏のくぼみにガマの穂を敷いて寝床にしていたという。カッパと仲良くしていたとも伝えられている。


座敷わらしの言い伝えは、東北に多く伝わるものですが、福井で、座敷わらしが伝わるのは珍しいという紹介のされかたをしています。確かに、これが東北以外の座敷わらし伝説の発見のひとつととらえることもできると思いますが、私は別の考え方もできると思います。

座敷わらしのように、屋内に住み着くとされる妖怪は、東北のザシキワラシのほか、山梨に伝わるクラボウズ、徳島のアカシャグマ、石川のマクラガエシなど、たくさんいます。そのなかでもザシキワラシは遠野物語などの影響で明治時代以降、全国的に浸透しました。それゆえに、本来、別の名前で呼ばれていた「屋内棲息型子供妖怪」が、ザシキワラシの名で説明するうちに、本来の名前が失われ、ザシキワラシと名前が変わった可能性があります。

そのひとつの証拠に「カッパと仲良くしていた」とのことですが、福井では、カッパという名称よりも「ガメ」、「ガタロ」、「ガワソ」などのほうが一般名ではないかと思います。

もちろん、本来の名前がカッパとザシキワラシであり、正確に伝わった可能性も否定できません。カッパかザシキワラシか、どちらか、あるいは両方が明治以降、名前が変化して伝わったという可能性もあります。

どんな名前で呼ばれていたか、その呼び名も大切ですが、どのような伝説が伝わっているのか。言い伝えの内容も含めて考えてみたいところです。

【ニュースソース】
http://www.47news.jp/news/2010/06/post_20100603114839.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

  • 大嶋昌治

    はじめまして。福井市在住の大嶋昌治(おおしままさはる)と言います。

    間もなく、エゼキエル書38章に書かれている通り、ロシア・トルコ・イランがイスラエルを攻撃します。そして、マタイの福音書24章に書かれている通り、世界中からクリスチャンが消えます。その前に、キリストに悔い改めてください。
    2019年09月07日 17:02

この記事へのトラックバック