【千葉・「怪奇」伝承の地を歩く】(2)銚子市外川の「海んば」/千葉

産経ニュースで、千葉県には、山姥ならぬ、海んば(海姥?)の伝説があると紹介されていました。

しかし内容を読んでみると、海んばでもなんでもないようで、単なるひとりの女性「おさつ」を、周囲の人間が海んばと思い込み、したてあげた挙げ句に殺人を起こすという、いわゆる魔女狩りに近いものです。

ヤマンバは、昔話のなかでは悪者として描かれることもありますが、もともとは山の女神であり、信仰の対象です。そこには古くからのさまざまな「背景」があり、だからこそ「ヤマンバ」という妖怪には非常に魅力があるわけです。

したがって、「山の女の妖怪」の海バージョンだからと、適当にでっちあげて不漁を女性のせいにするとは、見当違いもいいところです。

が、その女性を殺したところ、さらに不漁に追い打ちがかかった、という点のみは、ヤマンバ的な属性を持っていた、と、言えるかもしれません。

この、おさつという女性の供養塔が、現在も銚子市外川町にあると紹介されています。
古い言い伝えではありますが、供養塔があるということは、おそらく何らかの事実をもとにしているのでしょうか。
ご冥福を祈ります。

【ニュースソース】
http://sankei.jp.msn.com/life/trend/100814/trd1008141801014-n3.htm

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック