伝統の婚礼再現 きつねの嫁入り/群馬

2009年10月4日、「みのわの里のきつねの嫁入り」が、高崎市箕郷町の箕郷支所周辺でおこなわれたと朝日新聞で記事になっていました。

キツネの格好をした花嫁や花婿たち総勢80人が列をなし、町内を練り歩くというもので、今年で8年目。

地域の伝統的な婚礼である「貰い御祝儀」の一部を再現したもので、昭和30年代頃までは実際におこなわれていたもの。これを再現するにあたり、きつねの世界の嫁入りにみたて、民俗色豊かにしたのだとか。「みのわ」という地名も古い町名に由来するようです。

【ニュースソース】
http://mytown.asahi.com/gunma/news.php?k_id=10000000910050003

"伝統の婚礼再現 きつねの嫁入り/群馬"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: