お菓子いっぱいヨーホイ 新宮・亥の子/和歌山

新宮市高田地区に古くから伝わる伝統行事「亥の子」が2009年11月2日夕行われたと記事になっていました。

イノシシの多産にあやかる行事が子どもの遊びになったといわれるもの。

子どもらは楕円形の石(重さ約5キロ)に、菊の花を飾った長さ約3メートルの縄を5本つけ、家の前で「祝いめでたのヨーホイ」という「亥の子歌」を歌いながら石をつく、そうです。

古くからの行事、神事が、時代とともにこどもの遊びに変化するという例は各地にありますので、その一例ではないかと思います。

楕円形の石というのは、おそらく男性性の象徴ではないかと感じました。

【ニュースソース】
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/wakayama/news/20091102-OYT8T01317.htm
http://osaka.yomiuri.co.jp/season/20091103kn02.htm

"お菓子いっぱいヨーホイ 新宮・亥の子/和歌山"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: