新春の伝統行事「鬼追い」 /鹿児島

2010年1月7日夜、曽於市末吉町深川の熊野神社で「鬼追い」があったと各紙で記事になっていました。

鬼追いは、悪疫退散を祈願する奇習で約1,250年前から伝わるとされる伝統行事。
鬼は地元の数え年で25歳の厄男が扮し、わらで作った「鬼ん手」と呼ばれる棒を振り回しながら暴れ回ります。鬼が暴れれば暴れるほど、その年は無病息災や五穀豊穣に恵まれると言い伝えられているため、鬼は執拗に暴れまくりますが、この鬼が頭に付けている白い和紙でできた御幣を取ると縁起が良いとされます。

【ニュースソース】
http://www.373news.com/modules/pickup/index.php?storyid=21472
http://mytown.asahi.com/kagoshima/news.php?k_id=47000001001080002
http://news24.jp/articles/2010/01/08/07151225.html
http://mainichi.jp/area/kagoshima/news/20100109ddlk46040606000c.html

"新春の伝統行事「鬼追い」 /鹿児島"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: