お盆:伝統行事「傘鉾」「鬼の舞」、2神社であす奉納-九度山/和歌山

九度山町上古沢の古沢厳島神社「傘鉾」と、同町椎出の厳島神社「鬼の舞」が、それぞれ2009年8月16日、両神社で奉納されると毎日新聞で記事になっていました。  「傘鉾」は、五穀豊穣や家内安全を願う神事。  「鬼の舞」は、鬼が息を吹きかけると赤ん坊のカンの虫が封じられると伝えられるもの。 神の力を持つ古い形態を残す鬼行事です。 【ニュースソース】 http://mainichi…

続きを読む

展示:「百鬼夜行の世界」2会場で連携展示 研究の現状を紹介/東京・千葉

百鬼夜行の画を紹介する展示「百鬼夜行の世界」が、千葉県佐倉市、東京都立川市の2つの会場で共同開催されていると記事になっていました。 <百鬼夜行絵巻の系譜> 千葉県佐倉市の国立歴史民俗博物館で開催中。 同館蔵「百鬼夜行図」や、大徳寺真珠庵蔵「百鬼夜行絵巻」など8点の絵巻が公開。 <百鬼の素性と展開> 東京都立川市の国文学研究資料館で開催中。 4点の百鬼夜行絵巻や、大倉集古館蔵「…

続きを読む

展示会:幽霊や妖怪の資料を紹介-村田/宮城

コレクション展「異界の住人 幽霊・妖怪をさぐる」が、宮城県村田町歴史みらい館で開かれていると毎日新聞で記事になっていました。 幽霊や妖怪に関する掛け軸や浮世絵などの資料を紹介するほか、1994年に町内で発見されたばかりという「鬼のミイラ」と伝わる珍しい“妖怪”なども展示されるとのことです。 「同展は、幽霊や妖怪は人間に何を伝えようとしているのかを考えてみるために企画した」などと、もっ…

続きを読む

暑さ忘れる幽霊図 安藤広重の肉筆画を初公開/千葉

柏市名戸ケ谷の法林寺で妖怪や幽霊の絵を飾った「妖怪展」が開かれていると東京新聞で記事になっていました。 会場の本堂には、36点の絵や掛け軸などを展示。 今年は、掛け軸に幽霊を描いた安藤広重の肉筆画が初めて披露されたとのことです。 2009年8月16日まで。入場無料。 【ニュースソース】 http://www.tokyo-np.co.jp/article/chiba/2009…

続きを読む

『あじろ』と握手 強い子に 魚津 上村木七夕祭で町内練る/富山

魚津市上村木町内の上村木七夕祭が2009年8月6日夜、同町内であったと中日新聞で記事になっていました。 「あじろ」が町内を練り歩いて厄払いします。 「あじろ」は、天狗や白きつね、般若、白般若、雑種など十数種類の役があるようです。 【ニュースソース】 http://www.chunichi.co.jp/article/toyama/20090808/CK20090808020001…

続きを読む

河童みこし練り歩く 久留米市田主丸町 水の恵みに感謝/福岡

久留米市田主丸町で2009年8月8日、河童明神夏の大祭・河童まつりが開かれたと西日本新聞で記事になっていました。 約60人が参加して河童明神で神事を行ったあと巨瀬川にお神酒を注ぎ、コイを放流するなど水の恵みへの感謝と川の安全を祈願したそうです。 今年で24回目。住民グループ「九千坊本山田主丸河童族」が主催するまつりとのことです。 【ニュースソース】 http://www.ni…

続きを読む

女性が担ぐ大天狗 沼田まつり始まる みこし渡御に熱気/群馬

群馬県沼田市の沼田まつりが3日、市役所前などで始まったと各紙が報じていました。 女性だけで担ぐ天狗みこしが見もの。みこしは、顔の幅約2メートル、長さ約4メートル、鼻の高さ約2メートルと巨大なサイズで、重さは約500キロになるそうです。 【ニュースソース】 http://www.tokyo-np.co.jp/article/gunma/20090804/CK2009080402000…

続きを読む

行者祭り:子供ら鬼踊り--天川・洞川/奈良

2009年8月3日、天川村洞川で、伝統の行者祭りがあったと毎日新聞で記事になっていました。 世を惑わす呪術者として伊豆大島へ島流しに遭った行者が、その後に無実と分かり、無事戻されたという故事にちなんで祝う伝統行事。役行者に仕えた鬼の面を付けた子供たちや各地の踊りグループが、かけ声とともに通りを練り歩く鬼踊り行列がハイライトとのことです。 【ニュースソース】 http://maini…

続きを読む

ご神体身につけ川渡り 伊那で奇祭「さんよりこより」/長野

2009年8月7日、川が氾濫せず、人々が無病息災であることを願う七夕行事「さんよりこより」が長野県伊那市であったと各紙で記事になっていました。 伊那市の三峰川を挟んで、同市の美篶川手地区と富県桜井地区にある二つの天伯社で行われるというもの。 行事のなかで、川を氾濫させて洪水を起こすという鬼が2人登場します。しかし、この鬼たちは子供たちが「さんよりこより」と声を掛けながら回り、太鼓の合…

続きを読む

妖怪地百鬼夜行 愛嬌ふりまき、子どもに人気/滋賀

2009年8月1日夜、東近江市八日市の本町商店街で「妖怪地百鬼夜行」が開かれたと毎日新聞で記事になっていました。 東近江市八日市は、妖怪を利用しての町おこしをおこなっています。 【ニュースソース】 http://mainichi.jp/select/wadai/horidashi/news/20090809mog00m040008000c.html http://mainichi…

続きを読む

水木しげるさんデザインの「焼火権現」お目見え/島根

島根県西ノ島町美田の別府港ターミナルビル前に2009年8月5日、「焼火権現(たくひごんげん)」のブロンズ像がお目見えしたと各紙が記事になっていました。 焼火権現は古くから、西ノ島町の焼火山にある「焼火神社」で信仰を集めている海上安全の神。 水木さんは自著の中で焼火権現のイラストを描いています。 【ニュースソース】 http://www.sanin-chuo.co.jp/news/…

続きを読む

水木しげるさんの妖怪画 鳥取の寺の天井に登場/鳥取

2009年8月4日、鳥取県大山町の大山寺支院、円流院本堂の天井に、水木しげるさんの妖怪画がお目見えしたと各紙が報じていました。 108枚と説明している記事と、110枚と説明している記事があります。 数が違うのも妖怪ならでは。ということなのかもしれません。 【ニュースソース】 http://mainichi.jp/select/wadai/news/20090805k0000m04…

続きを読む

カッパの平吉:このたび結婚 今、幸せだのぉ-庄内町/山形

庄内町の民話に登場するカッパの「平吉」がめでたくお嫁さんの「成子さん」をもらったと毎日新聞で報じられていました。 町の農村公園に平吉像を建立したのが2009年5月。 しかし、ひとりたたずむ姿がさみしそうと、嫁、息子の像も建立したとのことです。 平成の意味をかけ、「平吉」に対して「成子」、そして息子は「太郎」という名前に決まったそうです。 【ニュースソース】 http://mai…

続きを読む

「稲生物怪録」Tシャツ発売/広島

「稲生物怪録」を基にした「三次物怪オリジナルTシャツ」を、広告会社のユニオン企画が製作し、発売したと中国新聞で記事になっていました。 地域が誇る歴史資産として『物怪録』を見直してもらい、観光資源につなげるため企画したとのことです。 図柄は2種類。 【ニュースソース】 http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn200907280033.html

続きを読む

「恐山」イタコの口寄せに行列 夏の大祭始まる/青森

青森県むつ市の「恐山」で2009年7月20日、夏の大祭が始まったと記事になっていました。 菩提寺では、イタコが死者の言葉を伝える「口寄せ」を行います。 早朝から大勢の参拝客が列をなしたと説明されています。 【ニュースソース】 http://www.47news.jp/CN/200907/CN2009072001000267.html http://mainichi.jp/are…

続きを読む

【ふるさと便り】「うしくかっぱ祭り」始まる/茨城

「第28回うしくかっぱ祭り」が2009年7月25日、牛久市ではじまったそうです。 牛久市は、河童伝説で有名な牛久沼があるほか、河童画を多数のこした小川芋銭の生まれた土地。 うしくかっぱ祭りをはじめ、河童が町おこしの題材として使われています。 【ニュースソース】 http://sankei.jp.msn.com/life/trend/090725/trd090725232101…

続きを読む

津和野で夏の伝統行事・鷺舞/島根

2009年7月27日、島根県津和野町の殿町通りなどで鷺舞神事があったと中国新聞などが報じていました。 鷺舞は、七夕伝説に登場するカササギをモチーフとしたもののようです。 実際のカササギが黒いのに対して,鷺舞が白いのは、鷺舞の発祥とされる京都ではカササギが飛来せず、そのため、サギのイメージで神事が形成されたようです。 【ニュースソース】 http://www.chugoku-n…

続きを読む

邑南町矢上で五穀豊穣願い「鹿子原虫送り踊り」/島根

2009年7月20日、島根県邑南町矢上の鹿子原集落に伝わる「鹿子原虫送り踊り」が、矢上地区であったと山陰中央新報で記事になっていました。 行事のなかで、馬上の武者をかたどったわら人形を担いであぜを行進しますが、この武者は平家の武将・斉藤実盛の象徴。 民間説話では、「稲を食い荒らす虫に生まれ変わる」と悲運の死をのろったところから、各地の虫送りで象徴的に祀られています。ところによっては稲…

続きを読む

火の玉目撃体験を語る 道の駅「大歩危」/徳島

2009年7月26日、三好市山城町上名の道の駅「大歩危」で「火の玉・怪し火を語る会」が開かれたと徳島新聞で記事になっていました。 年配の地元住民ら10人が目撃談を披露。 「道がない山の中腹で提灯のような明かりが無数に並んでいた」 「ドーンという大きな音とともに、大きなオレンジ色の火の玉が飛んだ」 など、地元のかたが語ったと紹介されています。 【ニュースソース】 http://…

続きを読む

世界初!?「お化け大学校」とは? 「お化け大学校」開校!

東映京都スタジオは角川書店と提携し、「お化け大学校」を2009年7月25日から、右京区の東映太秦映画村で催すと京都新聞などで記事になっていました。 子どもから大人まで楽しめる妖怪エンターテインメント・プロジェクトとして、 総長には水木しげる、教授には荒俣宏、京極夏彦など豪華メンバーを招聘、特定の校舎を持たず、全国さまざまな場所で講義やイベントを実施するとのことです。 開校式は、京都…

続きを読む

悪病退散願い込め 八幡平市で虫追い祭り/岩手

八幡平市の横間虫追い祭りが2009年7月19日、同市横間地区で行われたと岩手日報で雉になっていました。 祭りは1783(天明3)年の飢饉を機に始まったと伝えられるもの。 悪魔や悪い虫を追い払う鬼をかたどり、角が生えた男女2体のわら人形とともに田畑を練り歩く。 「五穀豊穣、稲虫はらえ。豊作祭りや」と声を上げ、行進後は健康を祈りみそをつけたネギを食べる習わしとのことです。 わら人…

続きを読む

大牟田市の夏を彩る「おおむた『大蛇山』まつり」/福岡

大蛇を飾り付けた巨大な山車が見ものの「おおむた大蛇山まつり」が2009年7月18日にはじまると西日本新聞で記事になっていました。 なぜ、大蛇が飾られているのか、調べてみましたが、いくつかの説があるようですが、土地柄、季節柄から考えると、水神信仰、雨乞い祈願などが考えられるようです。 【ニュースソース】 http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/10…

続きを読む

白豪寺で「えんまもうで」-無病息災祈願/奈良

真言律宗白毫寺で2009年7月16日、「えんまもうで」が営まれたと、奈良経済新聞や毎日新聞などで記事になっていました。 「えんまもうで」は、毎年、7月と1月の16日に行われるもの。 この日は、地獄の釜が開き鬼も仕事を縁日とされ、コンニャクの田楽が振る舞われます。 コンニャクには裏表がないことから裏表無く正直な人間になるようにとの意味が込められているそうです。 【ニュースソース…

続きを読む

リニモ車内を妖怪で涼しく!? 長久手町立劇団が妖怪劇を上演/愛知

長久手町立劇団「座★NAGAKUTE」が2009年7月18日、19日、リニモの特別便「もののけ列車」で妖怪劇を上演すると中日新聞で記事になっていました。 あらすじは、長久手で暮らしていた妖怪が、自然豊かな公園へ逃げ出すというもの。 天狗や犬神などが登場するようです。 【ニュースソース】 http://www.chunichi.co.jp/article/aichi/20090…

続きを読む

天狗や奴 ユーモラスに 南丹・美山で祇園祭り/京都

住民が天狗や奴にふんする行列がある「祇園祭り」が京都府南丹市美山町田歌の八坂神社で2009年7月14日、営まれたと京都新聞で記事になっていました。 行列の先頭は般若の面をつけた子ども2人、続いて、天狗や奴、ひょっとこ、お多福、爺を演じる7人。 先頭は、天狗(猿田彦)かと思いましたが、般若というのが面白いところです。 【ニュースソース】 http://www.kyoto-np.…

続きを読む

河北新報 河北抄/宮城

河北新報の河北抄で、「カッパ神さん」について紹介されていました。 以下、引用します。  祭日は旧暦6月15日。後に7月15日になったという話も聞く。往時の仙台には、この日までキュウリを食べることを避ける習わしがあったのだそうだ。  手に手に初物のキュウリを持って、境内に集う。ほのぼのとした昔語りに口元が緩む。  主立ったカッパ神さんは南町(現一番町)の磯良神社、北六番丁新坂通…

続きを読む

湖国の妖怪、知ってるかい? 彦根で24日から講座/滋賀

「妖怪に何かようかい? あなたも妖怪博士!」が、2009年7月24日から彦根市男女共同参画センター「ウィズ」で開かれると中日新聞で記事になっていました。 講師は妖怪話を収集しているグループ「淡海妖怪学波」のメンバーのかた。大学で多賀町萱原に伝わる大入道「二丈坊(にじょうぼん)」を研究したとのことです。 これまで滋賀県内で確認した妖怪は100以上あるそうで、記事中では「つるべ落とし」や…

続きを読む

京都国際マンガミュージアムに「妖怪れすとらん」-全品200円均一/京都

京都国際マンガミュージアムは2009年7月12日、「妖怪れすとらん」をオープンしたと烏丸経済新聞で記事になっていました。 特別展「妖怪天国ニッポン -絵巻からマンガまで-」の開催に合わせ8月31日までの期間限定。 すべてのメニューを200円均一料金で提供とのことです。 気になるメニューは下記の通り。 衣蛸(たこやき) 姑獲鳥焼き(焼き鳥) 妖鳥あげ(唐揚げ) 天狗の鼻(…

続きを読む

お稲荷さんアニメになる/埼玉

埼玉県入間市宮寺の小さな稲荷に伝わる言い伝えをモチーフにしたアニメ映画『ホッタラケの島 遥と魔法の鏡』が今夏、全国で公開されると朝日新聞で記事になっていました。 入間市宮寺にある「ハタヤの稲荷」は、「物をなくした時は、この稲荷に祈願すると戻ってくる」との伝承が地域に残っているとのこと。 狭山市出身のプロデューサー関口大輔さんが、この言い伝えからイメージを膨らませたと記事中で紹介されて…

続きを読む