妖怪展:「てんぐのミイラ」注目-青森・県立郷土館/青森

「妖怪展 神・もののけ・祈り」が青森市本町2の県立郷土館で開かれていると毎日新聞で記事になっていました。 河童や幽霊などの資料、ネコや鳥の体を合成して作った「てんぐのミイラ」の標本などが展示されているほか、鬼など異形の神が次第に妖怪としてとらえられた背景も紹介しているとのことです。 展示は10月12日まで。 【ニュースソース】 http://mainichi.jp/area/…

続きを読む

作家京極さんら古都の妖怪トーク/京都

「お化け大学校」の学校祭「化け大祭」が2009年8月22日、京都市右京区の東映太秦映画村で始まったと京都新聞で記事になっていました。 22日におこなわれた「妖怪馬鹿のススメ」では、作家の京極夏彦さんら4人が古都の妖怪についてユニークな持論を展開。京都に怪談が少ない理由について、京極さんは「歴史が古く、みやびな土地柄で、話したくなかった風習があったのかも」と述べたと記事で紹介されています。 …

続きを読む

展示:「百鬼夜行の世界」2会場で連携展示 研究の現状を紹介/東京・千葉

百鬼夜行の画を紹介する展示「百鬼夜行の世界」が、千葉県佐倉市、東京都立川市の2つの会場で共同開催されていると記事になっていました。 <百鬼夜行絵巻の系譜> 千葉県佐倉市の国立歴史民俗博物館で開催中。 同館蔵「百鬼夜行図」や、大徳寺真珠庵蔵「百鬼夜行絵巻」など8点の絵巻が公開。 <百鬼の素性と展開> 東京都立川市の国文学研究資料館で開催中。 4点の百鬼夜行絵巻や、大倉集古館蔵「…

続きを読む

展示会:幽霊や妖怪の資料を紹介-村田/宮城

コレクション展「異界の住人 幽霊・妖怪をさぐる」が、宮城県村田町歴史みらい館で開かれていると毎日新聞で記事になっていました。 幽霊や妖怪に関する掛け軸や浮世絵などの資料を紹介するほか、1994年に町内で発見されたばかりという「鬼のミイラ」と伝わる珍しい“妖怪”なども展示されるとのことです。 「同展は、幽霊や妖怪は人間に何を伝えようとしているのかを考えてみるために企画した」などと、もっ…

続きを読む

暑さ忘れる幽霊図 安藤広重の肉筆画を初公開/千葉

柏市名戸ケ谷の法林寺で妖怪や幽霊の絵を飾った「妖怪展」が開かれていると東京新聞で記事になっていました。 会場の本堂には、36点の絵や掛け軸などを展示。 今年は、掛け軸に幽霊を描いた安藤広重の肉筆画が初めて披露されたとのことです。 2009年8月16日まで。入場無料。 【ニュースソース】 http://www.tokyo-np.co.jp/article/chiba/2009…

続きを読む

妖怪地百鬼夜行 愛嬌ふりまき、子どもに人気/滋賀

2009年8月1日夜、東近江市八日市の本町商店街で「妖怪地百鬼夜行」が開かれたと毎日新聞で記事になっていました。 東近江市八日市は、妖怪を利用しての町おこしをおこなっています。 【ニュースソース】 http://mainichi.jp/select/wadai/horidashi/news/20090809mog00m040008000c.html http://mainichi…

続きを読む

「恐山」イタコの口寄せに行列 夏の大祭始まる/青森

青森県むつ市の「恐山」で2009年7月20日、夏の大祭が始まったと記事になっていました。 菩提寺では、イタコが死者の言葉を伝える「口寄せ」を行います。 早朝から大勢の参拝客が列をなしたと説明されています。 【ニュースソース】 http://www.47news.jp/CN/200907/CN2009072001000267.html http://mainichi.jp/are…

続きを読む

火の玉目撃体験を語る 道の駅「大歩危」/徳島

2009年7月26日、三好市山城町上名の道の駅「大歩危」で「火の玉・怪し火を語る会」が開かれたと徳島新聞で記事になっていました。 年配の地元住民ら10人が目撃談を披露。 「道がない山の中腹で提灯のような明かりが無数に並んでいた」 「ドーンという大きな音とともに、大きなオレンジ色の火の玉が飛んだ」 など、地元のかたが語ったと紹介されています。 【ニュースソース】 http://…

続きを読む

世界初!?「お化け大学校」とは? 「お化け大学校」開校!

東映京都スタジオは角川書店と提携し、「お化け大学校」を2009年7月25日から、右京区の東映太秦映画村で催すと京都新聞などで記事になっていました。 子どもから大人まで楽しめる妖怪エンターテインメント・プロジェクトとして、 総長には水木しげる、教授には荒俣宏、京極夏彦など豪華メンバーを招聘、特定の校舎を持たず、全国さまざまな場所で講義やイベントを実施するとのことです。 開校式は、京都…

続きを読む

リニモ車内を妖怪で涼しく!? 長久手町立劇団が妖怪劇を上演/愛知

長久手町立劇団「座★NAGAKUTE」が2009年7月18日、19日、リニモの特別便「もののけ列車」で妖怪劇を上演すると中日新聞で記事になっていました。 あらすじは、長久手で暮らしていた妖怪が、自然豊かな公園へ逃げ出すというもの。 天狗や犬神などが登場するようです。 【ニュースソース】 http://www.chunichi.co.jp/article/aichi/20090…

続きを読む

湖国の妖怪、知ってるかい? 彦根で24日から講座/滋賀

「妖怪に何かようかい? あなたも妖怪博士!」が、2009年7月24日から彦根市男女共同参画センター「ウィズ」で開かれると中日新聞で記事になっていました。 講師は妖怪話を収集しているグループ「淡海妖怪学波」のメンバーのかた。大学で多賀町萱原に伝わる大入道「二丈坊(にじょうぼん)」を研究したとのことです。 これまで滋賀県内で確認した妖怪は100以上あるそうで、記事中では「つるべ落とし」や…

続きを読む

京都国際マンガミュージアムに「妖怪れすとらん」-全品200円均一/京都

京都国際マンガミュージアムは2009年7月12日、「妖怪れすとらん」をオープンしたと烏丸経済新聞で記事になっていました。 特別展「妖怪天国ニッポン -絵巻からマンガまで-」の開催に合わせ8月31日までの期間限定。 すべてのメニューを200円均一料金で提供とのことです。 気になるメニューは下記の通り。 衣蛸(たこやき) 姑獲鳥焼き(焼き鳥) 妖鳥あげ(唐揚げ) 天狗の鼻(…

続きを読む

牛鬼まつりへ園児が練習励む/

2009年7月18日に出島公園で行われる「牛鬼まつり」に向け、踊りコンテストに参加する地元の園児たちが練習に励んでいると山陽新聞で記事になっていました。 牛鬼まつりは盆踊りに代わるイベントとして2001年から毎年開催。 牛鬼に関する祭りは、愛媛県宇和島市の「うわじま牛鬼まつり」が有名ですが、この牛窓の牛鬼も歴史を重ねていってほしいものです。 【ニュースソース】 http://…

続きを読む

妖怪登場 夏ひんやり 京都マンガミュージアムで特別展/京都

「妖怪」と漫画文化とのかかわりを紹介する特別展 「妖怪天国ニッポン」が2009年7月11日から、京都国際マンガミュージアムで始まると記事になっていました。 兵庫県立歴史博物館の協力で約250点が展示されるとのことです。 【ニュースソース】 http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P2009071100056&genre=K1&area=K…

続きを読む

三次の旧酒蔵でお化け屋敷/広島

「蔵プロジェクト」が2009年6月27日にはじまったと中国新聞で記事になっていました。 三次市三次町の卑弥呼蔵(旧万寿の井酒造)を舞台にお化け屋敷など多彩なイベントを繰り広げるとのことです。 【ニュースソース】 http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn200906280054.html http://himiko135.com/

続きを読む

「妖怪天国ニッポン」 -絵巻からマンガまで-/兵庫

2009年4月25日~6月14日、兵庫県立歴史博物館で、特別展『妖怪天国ニッポン-絵巻からマンガまで-』が行われるそうです。 この展覧会では、江戸時代の妖怪画を日本のマンガ文化、キャラクター文化のルーツと位置づけ、現代の妖怪マンガに至る系譜をたどる…。と、いうものです。 【ニュースソース】 http://www.hyogo-c.ed.jp/~rekihaku-bo/official…

続きを読む

三好で「春の妖怪祭り」 講演や着ぐるみ20体/徳島

世界妖怪協会の「後世に遺したい怪遺産」に選ばれた三好市山城町で2009年3月20日、妖怪談義などを楽しむ「春の妖怪祭り」があったと各紙で報じられていました。 国立歴史民俗博物館の常光徹副館長による「人類にとって妖怪は必要か」と題した講演が記事中に紹介されています。 常光副館長は「川や沼の主であるかっぱが人を助けたり肝を抜いたりするのは、恵みと災いをもたらす水の二面性の表れだ」と説明し…

続きを読む

山城の妖怪巡り ツアーに 広島の旅行会社、住民が伝承地案内/徳島

三好市山城町の妖怪伝承地を巡る日帰りパック旅行が好調。すでに100人近くが申し込んでいると記事になっていました。 日帰りパック旅行を企画した旅行会社は、世界妖怪協会の「後世に遺したい怪遺産」に選ばれたことから、観光ポイントとして着目したとのことです。 【ニュースソース】 http://www.topics.or.jp/localNews/news/2009/02/2009_1233…

続きを読む

京都学園大学がシンポジウム「語りの芸と怪異・妖怪」を開催/京都

京都学園大学人間文化学部では、2009年1月17日にシンポジウム「語りの芸と怪異・妖怪」を開催すると大学プレスセンターに掲載されていました。 実際に怪異・妖怪を語るプロたちをゲストに招き、その話芸を披露していただいた上で、日本の怪異・妖怪研究の第一人者である本学特別招聘教授・小松和彦氏との対談で、語りの芸と怪異・妖怪の関係を明らかにしていく…というものだそうです。 【ニュースソース】…

続きを読む

妖怪行列、親子連れら楽しむ 三好市山城町でまつり /徳島

徳島県三好市山城町で2008年11月23日、恒例の「妖怪まつり」があったと各紙で記事になっていました。 会場となった藤の里公園周辺に住民扮する子なきじじいや一つ目入道など18体の妖怪が登場、愛嬌を振りまきながら練り歩いたということです。 【ニュースソース】 http://www.topics.or.jp/localNews/news/2008/11/2008_12274895364…

続きを読む

「地獄絵図」10点を特別公開 多賀・真如寺/滋賀

滋賀県多賀町多賀の真如寺は、地獄を描いた掛け軸「地獄絵図」などを2008年11月30日まで特別公開していると京都新聞で記事になっていました。  「地獄絵図」は享和元(1801)年、同寺の修行僧の作というもの。 初七日から49日まで7日ごとに掛ける7枚と、百カ日、一周忌、三周忌に用いる各1枚の計10点が展示されていると紹介されています。 【ニュースソース】 http://www.k…

続きを読む

妖怪伝承学び新潟見つめ直す/新潟

「新潟おもしろ課外授業」が11月15日、新潟市中央区の新潟商工会議所中央会館で始まり、民俗研究家で漫画家の高橋郁丸さんが「新潟の妖怪と奇談」というテーマに講師をつとめたそうです。 高橋さんは、同市北区の福島潟にいたとされる「亀女」や、弥彦村生まれで妖怪から天女になった「弥三郎婆」などの奇談を、現存の絵や関係する寺院をからめて紹介。 「新潟は愛好家からうらやましがられるほどの妖怪の宝庫…

続きを読む

鬼の里 伝承品並ぶ 福知山の博物館で企画展/京都

京都府福知山市大江町仏性寺の日本の鬼の交流博物館で、企画展「三岳山、大江山の遺宝と鬼伝説」が開かれているそうです。 源頼光による酒呑童子退治を描いた江戸後期のふすま絵「紙本大江山鬼退治」や、童子が使ったと伝えられている杯など、地元に残る鬼にまつわる品々が展示されていると紹介されています。 2008年11月23日まで。 午前9時-午後6時、月曜休館。有料。 ちなみに大江山の酒呑…

続きを読む

初代学長が収集 香川大で妖怪展/香川

「妖怪展―神原文庫に見る妖怪たち―」が、高松市幸町の香川大図書館で開かれていると読売新聞で記事になっていました。2008年11月8日まで。 初代学長の神原甚造(1884~1954)が収集した約50点を展示。 鳥山石燕の代表作「今昔続百鬼」やカッパのミイラの全身図、タヌキの妖怪を退治する英雄の姿を描いた錦絵などが展示されているそうです。 【ニュース】 http://www.yomi…

続きを読む

妖怪イラスト勢ぞろい 米沢/山形

米沢市丸の内の同市上杉博物館で企画展「ゲゲゲの鬼太郎と、妖怪不思議ワールド」が2008年9月15日まで開かれたと読売新聞で記事になっていました。 「ゲゲゲの鬼太郎」の原画を中心に、江戸時代の妖怪絵巻など、妖怪にまつわる作品が展示されているそうです。 【ニュースソース】 http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/yamagata/news/20080908-O…

続きを読む

もののけ展:出るぞ~ 絵巻物や「幽霊寺」の掛け軸も展示--人吉城歴史館/熊本

人吉市役所隣の人吉城歴史館で特別展「真夏の夜のもののけ展」が開かれていると毎日新聞で記事になっていました。 江戸時代に人吉藩主の相良家が入手した絵巻物「化物盡」に描かれている「ぬらりひょん」「のっぺらぼう」「ろくろくび」や、「幽霊寺」として有名な人吉市土手町の永国寺所蔵の幽霊の掛軸も展示されているそうです。 【ニュースソース】 http://mainichi.jp/area/kum…

続きを読む

「水木さん、妖気を感じる」 ロード1000万人記念 荒俣宏さん講演/鳥取

境港市「水木しげるロード」の観光客数が1000万人を超えたのを記念し、水木さんの門弟を自任する作家荒俣宏さんが2008年8月25日、同市の夢みなとタワーで講演したと読売新聞ほかが記事にしていました。 荒俣さんのコメントを各紙から抜粋すると以下の通り。 ロードの盛況を「町おこしのまれに見る成功例」と祝福。 水木さんについては「伝承でしかなかった妖怪にイメージ通りの絵を付けた。1000体近…

続きを読む

ドームが丸ごとお化け屋敷 名古屋で妖怪フェス開幕/愛知

「妖怪フェスティバルinドーム」が2008年8月20日、ナゴヤドームで開幕したと中日新聞などで記事になっていました。 妖怪絵巻、雷獣や件のミイラなどが展示されるほか、広島県三次市からは稲生物怪録などが展示されたほか、開催初日である8月20日には荒俣宏、京極夏彦氏などによる「世界妖怪サミット」が開催されました。 【ニュースソース】 http://www.chunichi.co.jp…

続きを読む

「怖いぞぉ」妖怪電車…京福電鉄試運転/京都

京都・嵐山を走る京福電鉄嵐山本線で2008年8月15日夜、「妖怪電車」が試運転したと読売新聞などで記事になっていました。 不気味な音楽が流れる車内に、「けらけら女」や、「鬼一口」などの妖怪が登場するお化け屋敷のような電車です。 8月17~24日、嵐山本線と北野線(帷子ノ辻―北野白梅町)で1日計7本運行を予定しているとのことです。 ちなみに帷子ノ辻駅は、帷子辻の伝説が伝わる土地でもあ…

続きを読む

岡山・美咲で「護法祭」、五穀豊穣願う /岡山

2008年8月14日深夜から15日未明にかけて岡山県美咲町両山寺の二上山両山寺で「護法祭」が行われたと山陽新聞で記事になっていました。 山岳密教の儀式として1275年の始まりと伝わる奇祭で、祭神が乗り移ったとされる「護法実(ごほうざね)」がお遊びで境内を駆け回る行事と紹介されています。なお、地元では「ゴーサマ」と呼ばれるようです。 【ニュースソース】 http://www.sany…

続きを読む