山と海の神招く「ショチョガマ」と「平瀬マンカイ」/鹿児島

奄美大島・龍郷町の秋名集落で2009年9月28日「ショチョガマ」と「平瀬マンカイ」が行われたと各紙が報じていました。 このふたつは、男性が早朝に山でおこなう「ショチョガマ」、女性が中心となってが夕方に海でおこなう「平瀬マンカイ」と、対をなす伝統行事です。合わせてアラセツ行事と呼ばれ、新節(アラセツ?)という意味ではないかと想像します。 ショチョガマは、木とわらでつくった高さ3メートル…

続きを読む