若者扮する鬼家々で無礼講 串間で奇祭もぐらもち/宮崎

無病息災と五穀豊穣を願う「もぐらもち」が2009年10月10日に串間市大平の広野地区で催されたそうです。 300年以上伝わる奇祭で、若者扮する鬼のような姿の「めごすり」と、子供たちが家々をまわり、金や酒をせびります。「めごすり」たちはひとこともしゃべらず、無礼講が許されるのが特徴。「めごすり」が無礼講をはたらいているあいだ、子供たちが庭に出て、「もぐらもちゃどんとこせ、焼き米をくれんかの」…

続きを読む

おんごろどん:“おんごろ”退治 園児ら大奮闘-京田辺/京都

田畑を荒らすモグラ退治の伝統行事「おんごろどん」が、京田辺市の市立三山木保育所で行われたと2009年1月14日付けの毎日新聞で記事になっていました。  「おんごろどん、うちにか(家にいるのか)。よこづちどんをおんまいじゃ(お見舞いだ)」 と、「モグラうちおくりのうた」を歌いながら、子供たちは、子供たちはわら製の「横槌」で地面をたたき、家々をまわるというもの。 「おんごろ」はモグラの方言だ…

続きを読む

正月の伝統行事・もぐら打ち/熊本

家や畑を荒らすモグラを追い払い、1年の家内安全や農作物の豊作を願う正月の伝統行事「もぐら打ち」が、2009年1月14日、阿蘇市で行わたと熊本のニュースで紹介されていました。 子ども達が家々をまわり、竹の先にわらをまいた棒で、庭先などを叩いてまわるというもの。 「14日はもぐら打ち、鬼は外、福は内」と唱えるそうです。 【ニュースソース】 http://rkk.jp/cgi-bin/…

続きを読む