火の玉目撃体験を語る 道の駅「大歩危」/徳島

2009年7月26日、三好市山城町上名の道の駅「大歩危」で「火の玉・怪し火を語る会」が開かれたと徳島新聞で記事になっていました。 年配の地元住民ら10人が目撃談を披露。 「道がない山の中腹で提灯のような明かりが無数に並んでいた」 「ドーンという大きな音とともに、大きなオレンジ色の火の玉が飛んだ」 など、地元のかたが語ったと紹介されています。 【ニュースソース】 http://…

続きを読む