悪霊吹き飛ばせ 「サティパロウ」/沖縄

宮古島市上野野原の伝統祭祀「サティパロウ」が2009年1月20日夕に行われたと記事になっていました。 一年の厄を払う伝統祭祀で、サティ(里)パロウ(払い)の意味。 子どもが仮面をかぶって来訪神「パーントゥ」に扮し、つる草を身に着けた女性たちを引き連れて集落内を練り歩いて1年間の悪霊、悪疫を払うというもので、以下のように行われるそうです。 古井戸「ニーマガー」近くの十字路に集まる…

続きを読む

パーントゥ現る 宮古島市平良島尻/沖縄

宮古島市平良島尻の伝統行事「パーントゥ」が2008年10月26日夕から夜にかけ同集落内で行われたと琉球新報などで記事になっていました。27日も行われるそうです。 「パーントゥ」とは、全身がくさい泥にまみれ、仮面をかぶった三体の神が集落内の人や物に泥を塗り厄払いをする伝統行事。毎年、旧暦9月ごろに出現し、住民や民家などに泥を塗って厄払いをし、幸福をもたらすとされます。 26日午後5時ご…

続きを読む