スネカに「良い子」約束 大船渡で小正月の伝統行事/岩手

大船渡市三陸町吉浜の「スネカ」が2010年1月15日夜、行われた。恐ろしい形相の面を着けたわらみの姿のスネカは「悪い子いねぇがぁ」と家々を回った。 スネカは子どもの健やかな成長や大漁を願う小正月の伝統行事。 炉端から離れない怠け者のすねにできる斑点をはぎ取る「スネカワタグリ」が語源とされ、怠け者を懲らしめるとされます。 【ニュースソース】 http://www.iwate-np.…

続きを読む

大船渡でスネカ/岩手

大船渡市三陸町の吉浜地区で2009年1月15日、小正月の伝統行事「スネカ」が行われたと各紙が報じていました。 五穀豊穣などを願い、江戸後期から続くとされる行事。 恐ろしいお面やみのを身につけ、小刀を手に、「なぐわらすぁ(泣く子)いねぇが」、「かばねやみぁ(怠け者)はいねぇが」と言いながら家々をまわる。 スネカは暖かい炉端にばかりいる、怠け者のすねにできる赤い火形をはぎ取る、「すね皮…

続きを読む