行者祭り:子供ら鬼踊り--天川・洞川/奈良

2009年8月3日、天川村洞川で、伝統の行者祭りがあったと毎日新聞で記事になっていました。 世を惑わす呪術者として伊豆大島へ島流しに遭った行者が、その後に無実と分かり、無事戻されたという故事にちなんで祝う伝統行事。役行者に仕えた鬼の面を付けた子供たちや各地の踊りグループが、かけ声とともに通りを練り歩く鬼踊り行列がハイライトとのことです。 【ニュースソース】 http://maini…

続きを読む

御利益求め藤の根争奪戦/山梨

2009年5月8日、甲州市勝沼町勝沼の大善寺で奇祭「藤切り祭り」が行われたと山梨日日新聞などで記事になっていました。 役小角(エンノオヅヌ)が大蛇を退治し、地域住民を救ったという言い伝えにちなむ祭りで、約1300年の歴史があるそうです。大蛇に見立てた藤の根を切り落とし、この根を持ち帰ると、魔よけや果実豊作に御利益があると紹介されています。 【ニュースソース】 http://www.…

続きを読む

洞川行者祭 吉野郡天川村/奈良

役行者を鬼踊りで祝った祭、「洞川行者祭」が奈良県吉野郡天川村で開かれるとまっぷる.netなどで紹介されていました。 「洞川行者祭」がは役行者が冤罪で島流しから戻った際に熱狂的に祝い迎えた様子を鬼踊りで表す祭です。この温泉郷は、役行者が開いた修験道発祥の地、大峯山寺があるほか、龍王をまつわる「蛇の倉」などがあるようです。ただし、この「蛇の倉」は入洞禁止なので、入らないように注意。 祭り…

続きを読む

巡礼:やまとぷらっと 吉祥草寺◇役行者「生誕の地」/奈良

修験道の開祖、役行者は前鬼、後鬼などの鬼神を使役し、呪術も使うことができたとされる人物、この謎多き人物の誕生したとされる御所市の吉祥草寺に関するレポートが毎日jpに掲載されていました。 本堂北側の仮行者堂には、32歳の時の自作像とされる役行者の像、本堂東側には、役行者が生まれた時、水をくみ、産湯に使われたとされる「産湯の井戸」があるなど、ゆかりの深い場所です。 【ニュースソース】 …

続きを読む