妖怪ガイドブック完成 こなきじじい伝説発祥の地/徳島

三好市山城町の妖怪をまとめたガイドブック『こなきじじいの里 妖怪村伝説』(A5判、72ページ)が完成したと毎日新聞で記事になっていました。 三好市山城町は児啼爺伝説の発祥地で、妖怪を使った町おこしを行っており、本書では、古老らに取材した言い伝えや目撃証言を91項目に整理。掲載しているとのことです。 【ニュースソース】 http://mainichi.jp/area/tokushim…

続きを読む

妖怪乱舞、練り歩く 三好でまつり、子どもみこしも登場/徳島

2009年11月22日、三好市山城町上名の藤の里公園で「妖怪まつり」があったと徳島新聞などで記事になっていました。 徳島県三好市は、コナキジジの伝承の地ということで、妖怪をつかった町おこしが盛んな土地です。 【ニュースソース】 http://www.topics.or.jp/localNews/news/2009/11/2009_125893913725.html http://…

続きを読む

「山城大歩危妖怪茶」発売/徳島

徳島県三好市山城町の山城茶業組合が、「山城大歩危妖怪茶」を発売したと産経ニュースで記事になっていました。 観光施設や道の駅、スーパーで1本120円で販売中。 【ニュースソース】 http://sankei.jp.msn.com/life/trend/090502/trd0905021817013-n1.htm

続きを読む

妖怪まつり:「触れ合いませんか」 山城・藤の里公園で23日/徳島

山岳地の集落などにコワ~い、コワ~い妖怪伝説が残る三好市山城町上名の藤の里公園周辺で2008年11月23日、秋恒例の「妖怪まつり」が開かれると毎日新聞で紹介されていました。 三好市山城町は「こなきじじい」伝説の発祥とされるほか、多数の伝承が残る土地。 2008年5月には、世界妖怪協会から「後世に遺したい怪遺産」の認定を受けたことでも話題となりました。 【ニュースソース】 http…

続きを読む

妖怪着ぐるみ人気 伝説残る三好・山城 住民手製 15体貸し出し/徳島

妖怪伝説が残る三好市山城町で、「四国の秘境山城・大歩危妖怪村」が2007年秋から始めた妖怪着ぐるみの貸し出しサービスが好評と読売新聞で記事になっていました。 山城町には、30を超す妖怪伝説が残るとされ、2008年5月には世界妖怪協会の「怪遺産」に認定されたことでも話題を集めました。妖怪村の助役を務める脇眞二さんは「研究し、町に伝わる伝説に登場する妖怪全部を着ぐるみにしたい」と張り切っている…

続きを読む

ユニークな妖怪ずらり 三好市、初ポスター展に100点/徳島

妖怪を使って町おこしをしている三好市山城町が、妖怪ポスター展を開催したと徳島新聞で記事になっていました。 山城を代表する「子なきじじい」、カッパの妖怪「エンコ」、坊主頭の妖怪「一つ目入道」など、県内外の保育園児から大人までが描いた作品100点を展示しているということです。 【期日】 2008年8月1日~8月31日 【ニュースソース】 http://www.topics.or…

続きを読む

妖怪着ぐるみ大人気 三好、貸し出し依頼相次ぐ/徳島

世界妖怪協会の「後世に遺したい怪遺産」に選ばれ、一躍有名になった三好市山城町で、住民が手作りした妖怪着ぐるみに、県内外から貸し出し依頼が相次でいると徳島新聞で記事になっていました。 三好市山城町は、児啼爺(子泣きじじい)の伝説の土地として、妖怪で町おこしをおこなっている街です。 【ニュースソース】 http://www.topics.or.jp/contents.html?m1=2…

続きを読む