佐賀県内最古の伝統 黒髪神社で流鏑馬/佐賀

武雄市山内町の黒髪神社で2009年10月29日、例祭があり、840年以上続く伝統行事・流鏑馬が奉納されたと記事になっていました。 この流鏑馬は、弓の名手として知られた鎮西八郎為朝(源為朝)が住民を悩ませていた黒髪山の大蛇を退治したことに由来し、1165(永万元)年に始まったとされ、県内最古の伝統を持つ。と紹介されています。 鎮西八郎為朝は、このほかにも鬼が島の鬼を退治した、あるいは鬼…

続きを読む