湖国ふしぎ巡り/滋賀

毎日新聞の特集記事で、湖国ふしぎ巡りと題して、滋賀県内の伝承、妖怪が紹介されていました。 なかでも、ポイントとなるものをピックアップしてみます。 羽衣伝説-余呉町 四時婆-多賀町・敏満寺 封じ込め神社-東近江市今代町 人魚-日野町小野 龍王寺の鐘の伝説-竜王町川守 三上山のムカデ退治-大津市瀬田 比良八荒-大津市堅田 「雨降らす」竜神信仰-米原市磯の礒崎神社 …

続きを読む

100年ぶり獅子頭新調 富山県射水市黒河で躍動感ある演舞/富山

射水市黒河地区の獅子舞新調披露式は2008年10月12日、黒河神社で行われ獅子舞が披露されたと富山新聞で記事になっていました。 黒河の獅子舞は、獅子舞が多いとされる富山県の「とやま獅子舞百選」に選ばれており、胴幕に十人が入る大型の百足獅子。さらに獅子の背中にテングや子どもを乗せる「ノッタカ」が特徴。 今年は、獅子頭、胴幕、天狗の面、衣装、笛、太鼓など獅子舞用具一式が約100年ぶりに新…

続きを読む

勇壮に復活の舞 富山県入善町入膳の青壮年が4年ぶり獅子舞/富山

入善町入膳六―九区の青壮年でつくる安津満會は2008年10月5日、4年ぶりに獅子舞を復活させたと富山新聞で記事になっていました。 とりわけ珍しいのが新川地区の獅子舞。百足型の青獅子、黒獅子が町内各地で子役四人とともに勇壮に舞ったと紹介されています。 【ニュースソース】 http://www.toyama.hokkoku.co.jp/_today/T20081006204.htm …

続きを読む