きつね火祭り、嫁入り厳か 飛騨市古川町/岐阜

飛騨市古川町の「きつね火まつり」が2008年9月27日、同町の中心街で行われたと岐阜新聞などで記事になっていました。 キツネに扮した花嫁が、腰元や巫女など従者を従えて嫁入りする名物行事。 夕闇が迫る中、たいまつの火にキツネの新郎新婦が浮かび上がり、幻想的な雰囲気に包まれたと紹介されています。 【ニュースソース】 http://www.gifu-np.co.jp/news/kenn…

続きを読む

兵六踊り 観客沸く/高尾野・紫尾神社 豊年秋祭り/鹿児島

出水市高尾野町唐笠木の紫尾神社で2008年9月23日、豊年秋祭りがあり、「高尾野兵六踊り」がおこなわれたと南日本新聞で記事になっていました。 「高尾野兵六踊り」は県の無形民俗文化財。 大石兵六が人をだます吉野の山のキツネ退治に出掛けたが、和尚や娘に化けたキツネにだまされ、頭を丸められるユーモラスな内容です。この物語は単なるフィクションで当時の政治への風刺を込めたものという話を聞いておりま…

続きを読む

キツネの嫁入り行列も華やかに レインボー通り/香川

香川県高松市松縄町のレインボー通りで2008年8月23日、レインボー祭りが開かれ、キツネの嫁入り行列などが華やかに繰り広げられたと四国新聞社が記事にしていました。 同地区では「キツネやタヌキが人を驚かせていた」との言い伝えが残っていることから、ユニークな嫁入り行列を再現して祭りを盛り上げているとのことです。 【ニュースソース】 http://www.shikoku-np.co.jp…

続きを読む

網走で豊郷神楽奉納 伝統の舞に歓声 99年目 30年ぶり「明神御子舞」も/北海道

網走市豊郷地区に伝わる豊郷神楽の99年目の奉納が2008年8月1日夜、豊郷神社で行われたと北海道新聞で記事になっていました。 天狗が悪魔を追い払う舞など九幕が披露されたほか、キツネが花嫁をからかう様子を描いた明神御子舞が30年ぶりに奉納されるなど、見どころいっぱいの神楽だったようです。 【ニュースソース】 http://www.hokkaido-np.co.jp/news/chii…

続きを読む

挙式の2人が嫁入り道中 岡谷のきつね祭で5年ぶりに復活/長野

岡谷市の中心商店街で7月26日、「きつね祭」があり、キツネの嫁入りにちなんだメーンイベントの結婚式が行われたと中日新聞などが報じていました。 嫁入り道中がこの祭りで行われるのは5年ぶりとのことです。 【ニュースソース】 http://www.shinmai.co.jp/news/20080727/KT080726ATI090011000022.htm http://www.nag…

続きを読む

塩尻で「玄蕃まつり」 雷雨で中止、踊り足らず/長野

地域に伝わるキツネ伝説「玄蕃之丞」に由来する祭り「第33回塩尻玄蕃まつり」が26日、塩尻市大門商店街で行われたと中日新聞で記事になっていました。 しかしながら開始から1時間ほどで激しい雷雨となり中断、その後中止となったとのことです。 【ニュースソース】 http://www.chunichi.co.jp/article/nagano/20080727/CK2008072702000…

続きを読む

境港の狐「お種さん」/鳥取

いまのJR境港駅(旧境町)には、その昔、「お種さん」と呼ばれるいたずら好きの女狐が住んでいたそうです。以下、一部引用します。 夜、提灯を持ってこの辺りを歩いていると、ついていたはずのロウソクの火が急に消えて、驚いて見てみるとロウソクごとなくなっていたそうです。びっくりして急いで家に帰ると、自分の背中に砂と狐の足跡が付いていて、化かされていたことに気づくのだそうです。 【ニュースソース…

続きを読む

御秘神「日輪大弁財天」特別公開+能「殺生石」奉納

奈良県天川村坪内の天河大弁財天社で、御秘神「日輪大弁財天」が特別公開され、17日には公開を記念して観世流の片山清司さんらによる奉納慶祝能「殺生石」が演じられたとYOMIURI ONLINEで記事になっていました。 奉納された「殺生石」は、石塊となって村人に害を加えていた九尾の狐を、玄翁が仏事をもって引導を渡す物語です。 なお、この天河大弁財天社は鬼を神として迎え入れる神秘的な神事“鬼…

続きを読む