かわいい行列練り歩く - お城まつりで白狐お渡り/奈良

2010年3月28日、大和郡山市で開催中の第50回「大和郡山お城まつり」で、「子ども時代行列白狐お渡り」が行われたと記事になっていました。 白狐渡御は、源九郎稲荷神社で、昭和初期ごろから始まったというもの。 その後、一時中断したものの昭和53年に大和郡山青年会議所などが復活、同58年からお城まつりでの実施となったそうです。 【ニュースソース】 http://www.nara-np…

続きを読む

狐の嫁入り道中:花婿と花嫁が面つけて/三重

2010年2月3日、三重県四日市市海山道町の海山道稲荷神社で、厄年の男女がキツネの面をつけて花婿と花嫁を演じる神事「狐の嫁入り道中」が行われたと毎日新聞、読売新聞で記事になっていました。 【ニュースソース】 http://mainichi.jp/select/wadai/news/20100204k0000m040119000c.html http://www.yomiuri.co.j…

続きを読む

稲穂祭:豊作、商売繁盛願い 「きつねの嫁入り」練る--下松・福徳稲荷/山口

狐を装った数百人が旧山陽道を練り歩く「きつねの嫁入り」が2009年11月3日、下松市の法静寺一帯であったと記事になっていました。 「きつねの嫁入り」行列は今年で60回目。 新郎新婦役をはじめ、従う親類縁者も、お供の子どもたちも、白狐の面をかぶって進むというものです。 【ニュースソース】 http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn200911040038…

続きを読む

狐サブレ、味はだましません/広島

広島市中区の県立広島商業高の商業研究部が近くの洋菓子店と共同で、「おさん狐サブレ」を商品化したと中国新聞で記事になっていました。2009年10月28日から来年1月末までJR広島駅構内で販売するそうです。 「おさん狐」は、広島市中区の江波地区の伝説に登場する狐。 人や物に化けていたずらをしていたと伝えられ、現在では銅像も建立されています。 包装の絵柄も部員が考案。商標登録を出願するなど本…

続きを読む

さわやか秋空、白ギツネ舞う 若宮稲荷神社で竹ン芸/長崎

約200年の伝統を持つ「竹ン芸」が2009年10月14日、長崎市伊良林2丁目の若宮稲荷神社で奉納されたと各紙で記事になっていました。 雄、雌2匹の白狐が、高さ10数メートルの2本の竹の上あざやかに舞い踊るというもの。 祭りばやしに浮かれた白狐が竹やぶで遊び戯れる様子を表現しているそうで、竹を大きくしならせたり、袖に忍ばせていたニワトリを放ったりすると紹介されています。 【ニュースソ…

続きを読む

伝統の婚礼再現 きつねの嫁入り/群馬

2009年10月4日、「みのわの里のきつねの嫁入り」が、高崎市箕郷町の箕郷支所周辺でおこなわれたと朝日新聞で記事になっていました。 キツネの格好をした花嫁や花婿たち総勢80人が列をなし、町内を練り歩くというもので、今年で8年目。 地域の伝統的な婚礼である「貰い御祝儀」の一部を再現したもので、昭和30年代頃までは実際におこなわれていたもの。これを再現するにあたり、きつねの世界の嫁入りに…

続きを読む

高柳町で「狐の夜祭り」/新潟

柏崎市高柳町栃ヶ原地区と漆島地区で、2009年10月11日、「狐の夜祭り」がおこなわれると記事になっていました。 栃ヶ原地区に伝わる「藤五郎きつね」という民話をモチーフに、平成元年から始まったもので、栃ヶ原のキツネが大好物の畳一畳の大油揚げを揚げ、提灯をかざして約3キロの山道を麓の漆島地区まで行列するそうです。 【ニュースソース】 http://www.kenoh.com/mimi…

続きを読む

キツネに変身、商店街を練り歩く 秋田市通町/秋田

商売繁盛や家内安全を願う「招福狐の行列」が2009年10月3日、秋田市の通町商店街で行われたと記事になっていました。 沿道の見物人に大福もちを配りながら、招福稲荷神社から1時間ほどかけて商店街を練り歩くというもの。歴史はまだ浅く、2002年からのようですが、町おこしの一環として「狐の行列」を選んだのは素晴らしいと思います。 ぜひ、10年、100年と続けていってほしいものです。 …

続きを読む

122.9メートル日本一の稲荷巻き「那須九尾まつり」で完成/栃木

「第7回那須九尾まつり」が27日、栃木県那須町の余笹川ふれあい公園で行われ、日本一の稲荷寿司が作られたと記事になっていました。 地元の米(なすひかり)40キロと油揚げ1,800枚、那須和牛30キロ、キュウリ100本など、合計9種類の具材が用意されたとのことです。しかし、穀物の神の稲荷の名を冠する「稲荷寿司」と、殺生石の「九尾の狐」は、いくら同じ狐つながりでも、なんら関連性がないようにも感じ…

続きを読む

幻想世界、キツネの嫁入り行列 飛騨市古川町/岐阜

2009年9月26日、飛騨市古川町の「きつね火まつり」が同町の中心街で行われたと朝日新聞などで報じられていました。 キツネに扮した男女が花嫁道中や婚礼の儀を繰り広げる行事ですが、今回は参加者が少なく、「狐組」としての「きつね火まつり」は今年が最後。今後の運営についても検討していくとのことです。 【ニュースソース】 http://mytown.asahi.com/gifu/news.…

続きを読む

子ギツネひょいひょい 姫島盆踊り始まる/大分

キツネ踊りやアヤ踊りなどユニークな伝統踊りで知られる姫島村の盆踊りが2009年8月14日、村内の各会場で始まったと各紙で記事になっていました。 顔におしろいを塗った子どもたちが「オラッサ、ソライタ」の掛け声とともにユニークな仕草で踊るキツネ踊りが特徴です。 【ニュースソース】 http://www.oita-press.co.jp/localNews/2009_1250294421…

続きを読む

『あじろ』と握手 強い子に 魚津 上村木七夕祭で町内練る/富山

魚津市上村木町内の上村木七夕祭が2009年8月6日夜、同町内であったと中日新聞で記事になっていました。 「あじろ」が町内を練り歩いて厄払いします。 「あじろ」は、天狗や白きつね、般若、白般若、雑種など十数種類の役があるようです。 【ニュースソース】 http://www.chunichi.co.jp/article/toyama/20090808/CK20090808020001…

続きを読む

お稲荷さんアニメになる/埼玉

埼玉県入間市宮寺の小さな稲荷に伝わる言い伝えをモチーフにしたアニメ映画『ホッタラケの島 遥と魔法の鏡』が今夏、全国で公開されると朝日新聞で記事になっていました。 入間市宮寺にある「ハタヤの稲荷」は、「物をなくした時は、この稲荷に祈願すると戻ってくる」との伝承が地域に残っているとのこと。 狭山市出身のプロデューサー関口大輔さんが、この言い伝えからイメージを膨らませたと記事中で紹介されて…

続きを読む

御神火祭、新演出でPR 那須湯本の殺生石で/栃木

2009年5月23日、「九尾の狐」伝説で有名な栃木県那須湯本で「那須御神火祭」が開かれると下野新聞などで紹介されていました。 那須観光協会主催の観光色の強い祭り。今年で20回目を迎えるそうです。 語り部グループによる民話「九尾の狐」の公演や、「白面金毛九尾狐太鼓」の演奏など、九尾の狐にあやかった出し物がありますが、祭り自体は、九尾の狐とは直接の関係はなく、かつて噴火で多くの犠牲者を出した…

続きを読む

キツネ姿の稚児練る 笠松・専養寺の泉養稲荷/岐阜

「きつね稚児・きつねの嫁入り行列」が2009年5月10日、笠松町円城寺の専養寺境内にある泉養稲荷神社であったと中日新聞で記事になっていました。 行列は2004年に70年ぶりに復活したということです。 【ニュースソース】 http://www.chunichi.co.jp/article/gifu/20090511/CK2009051102000011.html

続きを読む

白狐姿の児童100人、温泉街練り歩く/山口

山口市の湯田温泉で2009年4月4日、白狐まつりが始まったと朝日新聞で記事になっていました。 湯田温泉には白キツネが温泉を見つけたという伝説が残り、温泉に感謝しようと戦後復興期に始まった祭り。見どころは、白キツネに扮した小学生約100人がたいまつを手に温泉街を歩くというたいまつ行列です。 【ニュースソース】 http://www.asahi.com/national/update/…

続きを読む

「狐の新郎新婦」が豆まき 厄払い神事/三重

三重県四日市市の海山道神社で2009年2月3日、「狐の嫁入り道中」があったと各紙が報じていました。 嫁入り道中後、神社の特設舞台で三三九度の杯を交わし、仲人役の氏子が「コーン、コーン、コーン」と3度鳴いて式を終えたそうです。 また、この日は節分にあたるため、集まったひとたちに対してキツネの夫婦が豆をまいたそうです。 【ニュースソース】 http://www.chunichi.…

続きを読む

伝統行事「狐狩り」/兵庫

香美町香住区の下浜地区で2009年1月7日夜、伝統の「狐狩り」があったそうです。 男の子たちが太鼓をたたき、歌いながら地区内を回り、災いの象徴であるキツネを追い払うという伝統行事。 3人の中学生は午後8時からと10時からの2回、付き添いの大人たちが運ぶ太鼓をたたきながら、 「きーつねがーり どんどう またゆけ こどめーら」など独特の節回しを響かせたと紹介されています。 おもに…

続きを読む

除夜の鐘とともに300匹を超す狐が練り歩き/東京

東京都北区で2009年1月1日、除夜の鐘とともに「王子狐の行列」が行われると朝日新聞などで記事になっていました。 王子には毎年、大みそかの晩になると、関東一円のお稲荷さまの使者狐が1本の大きな榎の下に集まり、装束を整えて関東総司である王子稲荷神社に参詣したという伝説が残っています。初代歌川広重の名所江戸百景「王子装束ゑの木 大晦日の狐火」の浮世絵にも描かれているほどで、村人たちは狐たちがと…

続きを読む

自慢のサブレ、広商生が開発/広島

広島県立広島商業高の生徒が、地元の洋菓子店と共同でオリジナル菓子「おさん狐サブレ」を開発したと中国新聞で記事になっていました。 「おさん狐」とは、広島県では江波地区に伝わる狐の妖怪。 広島県のほかにも鳥取や大阪などに伝わり、恐ろしい狐の妖怪とされる場合もあるが、広島県江波地区のものは地元で愛されるタイプ。江波車庫前駅前には、立ち上がった狐のブロンズ像があり、今もなお地元に根付いているそう…

続きを読む

竹田市で「お稲荷さんが舞い込んだ」 しぐさ独特 幸願う/大分

竹田市の祭り「お稲荷さんが舞い込んだ」が29日、同市中心部の商店街であったと西日本新聞で記事になっていました。 キツネに扮した大人が「お狐様」踊りを披露。子ギツネたちは、「お稲荷さまが舞い込んだ」の掛け声を出しながら、家々を1軒ずつ回り、家内安全の御札を供えたとのことです。 ユニークな祭りですが、「お稲荷さんが舞い込んだ」の発足は、大正初期頃。 江戸時代頃から続く祭りに比べると歴史…

続きを読む

イノコ祭:てんぐや赤鬼、威勢良く 石見神楽姿の児童も-浜田・大元神社/島根

天狗や赤鬼が登場する浜田市大辻町の大元神社の「イノコ祭」が2008年11月16日に行われたと毎日新聞で記事になっていました。 この日は、先払い役の大人5人が天狗、赤鬼、白鬼、キツネなどに扮して登場。 サカキと鬼棒を持って各家に入り、「ホイサー ホイサー」と大きな声を出して清めていたと紹介されています。 記事によれば、旧浜田市内では、この日からこたつをだす風習があるということです。 …

続きを読む

花嫁・花婿入れ替わり行列 村山の民俗行事「むじなのむかさり」/山形

女性が花婿、男性が花嫁に扮して嫁入りする村山市楯岡馬場地区の民俗行事「むじなのむかさり」が2008年11月9日、繰り広げられたと山形新聞で記事になっていました。 むじなのむかさりは、子孫繁栄と豊作を祈り、1912(大正元)年ごろから始まったとされる伝統行事。 キツネの面を着けてたいまつを持った子どもたちに先導され、地区内を練り歩いたそうです。 【ニュースソース】 http://y…

続きを読む

良縁呼ぶキツネ行列、旧山陽道1キロ練り歩き…下松/山口

山口県下松市の花岡福徳稲荷社で2008年11月3日、恒例のキツネの嫁入り行列があったと読売新聞などで記事になっていました。 このキツネ行列は、稲荷社は法静寺の境内にあり、江戸時代に住職が夢枕に立った白ギツネの老夫婦から頼まれ、手厚く供養すると、なくしていた数珠が出てきたという言い伝えがあるそうです。 【ニュースソース】 http://www.yomiuri.co.jp/nation…

続きを読む

天狗たたいて厄よけを祈願 立江秋葉神社の天狗しばき/徳島

子供たちが天狗とキツネをしばいて厄よけをする「天狗しばき」が2008年10月17日、18日に小松島市立江町清水の立江秋葉神社で開かれると徳島県観光情報サイト阿波ナビで紹介されていました。 子供たちは、ササの枝を振り回して、天狗とキツネをたたきます。天狗らは激しい追い立てに我慢できず、最後は一目散に逃げていくという筋立て。 この神社に400年以上も前から伝わるとされる伝統行事で、「天狗…

続きを読む

白ギツネ宙に舞う 長崎・若宮稲荷神社で竹ン芸/長崎

2008年10月14日、白ギツネが高さ約10メートルの竹の上に登り、妙技を披露する「竹ン芸」が長崎県長崎市伊良林2丁目の若宮稲荷神社で奉納されたと長崎新聞などで記事になっていました。 竹ン芸は約200年以上前から続く五穀豊穣と商売繁盛を祈る伝統芸能。雌雄と二匹の白ギツネが、高さ約10メートルの竹の上で両足を固定し、両手を広げ上半身を宙に差し出す「飛び込み」などの技を次々に決めるそうです。 …

続きを読む

柏崎市高柳町で狐の夜祭り/新潟

「狐の夜祭り」が2008年10月12日夜、柏崎市高柳町栃ケ原と漆島地区で行われたと新潟日報で記事になっていました。 夜祭りは、地元に伝わる民話『藤五郎狐』をモチーフにしたもので、狐の面や白装束を身にまとった参加者の行列が、3キロの山道を、ちょうちんの明かりを頼りにゆっくりと1時間半かけて練り歩いたそうです。 新潟県柏崎市の『藤五郎狐』は、悪さをする狐を藤五郎という男が村から追い払った…

続きを読む

10月10日は大根の年取り/福島・宮城

福島(宮城でも一部)では、10月10日を「大根の年取り」として、大根を抜いたり、食べたり、近づいたりしてはいけないという俗説があるようです。 「ムジナの祝言」だとか「キツネの嫁入り」だなどと呼んだり、また、地域によっては「菜っ葉の年取り」だとも言うそうで、地域によっては白菜もとってはいけないということです。しかし、白菜が日本に入って来たのは明治以降ということなので、「白菜」が対象野菜になっ…

続きを読む

九尾まつりで稲荷巻き日本一 記録更新/栃木

「第六回那須九尾まつり」が2008年9月28日、余笹川ふれあい公園で行われたと下野新聞ほかで記事になっていました。 地元に残る九尾狐の殺生石伝説にちなみ、日本一長い121・9メートルの稲荷巻き作りがおこなわれたそうです。末尾の「.9メートル」は九尾にかけているのでしょうか。 九尾狐と、稲荷は、同じキツネつながりで接点がありそうですが、人に害なしたとされる九尾狐伝説と、稲荷神の眷属とさ…

続きを読む