妖怪ケンムン“目撃談”続々 奄美市笠利でイベント/鹿児島

奄美市笠利町用安の奄美民俗村で2010年6月13日、「ケンムン神社祭り」があったそうです。 祭りでは、目撃談が語られたそうで、次のような証言が紹介されています。 1947(昭和22)年9月に目撃したという山田照美さん(73)=同町外金久=は談義の中で「灰色の毛に覆われ頭に皿はなかった」と証言。幼少時代に髪を引っ張られたという川原オナ子さん(77)=同町喜瀬=は「一昨年、サトウキビ畑で驚か…

続きを読む

妖怪ケンムンを観光資源に 奄美市のリゾート施設/鹿児島

奄美市笠利町用安のリゾート施設「ばしゃ山村」が、妖怪ケンムンを題材にした観光メニューをつくったと南日本新聞で記事になっていました。 昨年秋には施設内にケンムン神社を建立。2010年6月13日にはケンムン神社祭りを開き、市立奄美博物館の中山清美館長らによる座談会などを計画しているとのことです。 ケンムンが町おこしにひとやく買ってくれたらいいですね。 【ニュースソース】 http…

続きを読む

怪ケンムン現る!? 砂浜に謎の足跡/鹿児島

奄美市名瀬朝仁の貝浜(けばま)で、妖怪ケンムンの足跡に見えなくもない丸いくぼみが見つかったとして南日本新聞で記事になっていました。 ケンムンは、毛むくじゃらで、ガジュマルの樹の精などと言い、語源としては、「ケン=化け」、「ムン=者」ということを耳にしたことがあります。 似た妖怪として、沖縄のキジムナー(あるいはキジムンとも)とよく比較され、その性格や言い伝えの内容は、本州でいうところのカ…

続きを読む