鬼たちが砂を投げつけ災厄払い 五島・玉之浦「大宝の砂打ち」 /長崎

サンドーラと呼ばれる砂鬼が沿道の住民らに砂を投げつける「大宝の砂打ち」が2008年10月26日、五島市玉之浦町大宝であったと長崎新聞で記事になっていました。 大宝の言代主神社の豊作豊漁、無病息災などを祈願する例祭の一環で、サンドーラの投げつける砂には災厄を祓う効果があると言い伝えられます。 サンドーラのほかに、天狗(猿田彦)、獅子、おけを頭に乗せた女形のほか、くわ、杵、魚、稲などを持…

続きを読む