大分県国東半島の奇祭ケベス祭り 闇焦がす火に歓声/大分

くわしいことは不明…。でありながら、いまも続けられる国東半島の奇祭「ケベス祭り」が2009年10月14日夜、国東市国見町櫛来の岩倉八幡社であったと記事になっていました。  「ケベス」と呼ばれる木の面をつけた異形と、集落の世話役「トウバ」が繰り広げる火祭り。 ケベスが境内の一角でたかれる火に向かって突進しようとすると、火を守ろうとするトウバが応戦し、互いに棒を持ち激しくせめぎ合う…。という…

続きを読む