五穀豊穣願う「白地楽」 中津/大分

中津市山国町の亀岡八幡社で2008年9月14日、中摩仲秋祭が開かれ、カッパの霊を鎮めるとされる「白地楽」が奉納されたと読売新聞で記事になっていました。

白地楽は元文2年(1737年)が起源とされ、太鼓や鉦のはやしに合わせ、赤装束のカッパ役の子どもたちを4人の大人が取り囲み、大うちわをかざしながら力強く舞ったと紹介されています。

【ニュースソース】
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/oita/news/20080914-OYT8T00471.htm

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック