床を『ドン』 厄払い 片岩白山神社 叩き堂祭り/石川

その昔、神社裏山にヒヒが棲みついたとき、困った村人が娘をいけにえにしてヒヒを退治した。
…という言い伝えに基づく伝統行事「叩き堂祭り」が石川県珠洲市片岩町の片岩白山神社で2009年1月6日夜に行われたそうです。

拝殿の床をケヤキの棒で叩き、一年の厄よけと無病息災を願うというもの。
ヒヒ退治を再現するようにおこなわれる。ひとりの氏子がヒヒ役となり、いけにえに見立てたタラをぶつ切りにする。ヒヒに石を投げつけたことを再現するように、丸もちを投げつける。大きなタブの枝を引っ張り合い、葉を引きちぎる儀式の後、二列になって向かい合い、ケヤキの棒を両手に持ち床を激しくたたくと紹介されています。

日本各地で、ヒヒ退治、猿神退治の話が伝えられていますが、今もこうして行事があることは貴重な地域と言えるでしょう。

【ニュースソース】
http://www.chunichi.co.jp/article/ishikawa/20090108/CK2009010802000189.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック