鬼太郎の「新作」紙芝居 半世紀ぶり、境港市内で上演/鳥取

水木しげるが、約半世紀ぶりに書き下ろした紙芝居の新作『鬼太郎対カラス天狗』が完成、2009年6月から毎週日曜日、境港市内での上演が始まったと山陰中央新報などが報じていました。

鳥取県大山に伝わる天狗伝説をなぞらえ、カラス天狗と鬼太郎が対決するストーリー。

上演にはカラーコピーを使用し、原画は市内の記念館に展示。
水木しげるロードの「河童の泉」で日曜日の午前11時と午後2時に定期上演とのことです。

【ニュースソース】
http://www.sanin-chuo.co.jp/newspack/modules/news/article.php?storyid=983596014
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2009061901000071.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック