邑南町矢上で五穀豊穣願い「鹿子原虫送り踊り」/島根

2009年7月20日、島根県邑南町矢上の鹿子原集落に伝わる「鹿子原虫送り踊り」が、矢上地区であったと山陰中央新報で記事になっていました。

行事のなかで、馬上の武者をかたどったわら人形を担いであぜを行進しますが、この武者は平家の武将・斉藤実盛の象徴。

民間説話では、「稲を食い荒らす虫に生まれ変わる」と悲運の死をのろったところから、各地の虫送りで象徴的に祀られています。ところによっては稲を食い荒らす虫をサネモリムシと呼ぶ地域もあるようです。

【ニュースソース】
http://www.sanin-chuo.co.jp/news/modules/news/article.php?storyid=513689004

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック