天狗が街を練り歩く、三条/新潟

天狗が街を練り歩く三条市の「三条まつり」が14、15の両日、同市八幡町の八幡宮などで行われたと新潟日報、読売新聞などで記事になっていました。 この祭りにおける天狗は、神輿の先導役。邪気を払いながら道を切り開く導祖神(どうそじん)とされるようです。 ちなみに、この天狗が転ぶと火事になるという言い伝えがあるようです。 【ニュースソース】 http://www.niigata-nipp…

続きを読む

未来へ伝えたい山陰の遺産 : 来待石の石像にらみきかすカラス天狗/島根

山陰中央新報の「未来へ伝えたい山陰の遺産」として、温泉山清厳寺(松江市玉湯町)にあるカラス天狗の像が紹介されていました。 松江は、小泉八雲にゆかりの土地。 妖怪伝説の残る寺や神社もありますが、この清厳寺のカラス天狗も合わせて散策コースにどうぞ。 【ニュースソース】 http://www.sanin-chuo.co.jp/shashin/modules/news/article.p…

続きを読む

天狗と獅子勇壮に舞う 松阪・粥見神社/三重

松阪市飯南町粥見の粥見神社で神事「てんてん」が2009年3月29日、境内で行われたそうです。 天狗と雄獅子、雌獅子が太鼓に合わせ独特の舞を披露するというもの。 延慶年間には、すでにおこなわれていたという記録があり、少なくとも約700年の歴史があるようです。 【ニュースソース】 http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/mie/news/20090330-O…

続きを読む

春の陽気「獅子舞」躍動 魚津・金山谷の保存会、神明宮に奉納/富山

2009年3月17日、魚津市金山谷の金山谷神明社で春の祭礼があり、天狗が獅子を討伐する「金山谷獅子舞」が奉納されたと各紙が報じていました。 獅子舞は約150年前に能登半島から同市の松倉金山に来ていた採掘職人らが、能登の獅子舞を伝えたのが始まりと言われるそうです。 【ニュースソース】 http://www.toyama.hokkoku.co.jp/subpage/T200903182…

続きを読む

春呼ぶ天狗 軽快 魚津・千光寺で祭礼/富山

魚津市小川寺の春祭りが2009年3月12日、千光寺境内で行われたと中日新聞などが報じていました。 見どころは、天狗、ババ2人、アネマからなる獅子舞。なかなかユニークな組み合わせです。 ババが2人組みというのももちろんユニークだと思いますが(ほかの地域だと、ジジ、ババの組み合わせが多いように思います)、それ以上にアネマという存在がユニークです。 初耳の単語だったのでネット上で調べ…

続きを読む

8つの剣で無病息災願う 習志野八剣神社 地元の若者が練り歩く/千葉

習志野市の鷺沼地区で3月1日、八剣神社の祭礼「剣(けん)」が開かれたと東京新聞で記事になっていました。 約三百年前から続く疫病退散や無病息災を願う伝統行事。 天狗の面をかぶり厄よけのサカキを持つ氏子を先頭に、白装束姿で八つの剣を持つ地元の若者たちが根神社-八剣神社間の一キロ弱を練り歩くというもの。 天狗役の氏子のサカキは、縁起が良いとされ、奪い合ってまで手に入れるとか。 この…

続きを読む

お天狗さんに守護祈願 笛吹 みこし新調、掛け声高らか/山梨

「松本のお天狗さん」の愛称で親しまれている春の例祭が笛吹市石和町松本の山神宮で2009年2月21日におこなわれたと記事になっていました。 今年は、天狗の切り絵やちょうちんが飾られたみこしが新調されたそうです。 例祭は300年以上前から続くというもので、かつて天狗が山の神として住民や信仰者を守護したことに由来。 【ニュースソース】 http://www.sannichi.co.jp…

続きを読む

3年に一度、にぎわう獅子舞-鈴鹿・椿大神社/三重

約1300年前から伝わる鈴鹿市山本町の椿大神社の「獅子神御祈祷神事」の舞初め式が2009年2月11日におこなわれたと毎日新聞などで記事になっていました。 天狗の面を付けた猿田彦大神が、獅子頭をかぶった天之鈿女命を操り、国家安泰や五穀豊穣などを祈るというもの。 獅子の一行は、この先も鈴鹿市山本町、四日市市や愛知県蒲郡市、名古屋市で神事舞を行い、4月12日に椿大神社の獅子堂で舞納めをする…

続きを読む

今年も豊作や無病息災願う 長浜で「今荘のオコナイ」/滋賀

神事「今荘のオコナイ」が2009年2月11日、長浜市今荘町であったそうです。 邪気払いの天狗、獅子舞を伴い、町内1キロを練り歩くというもの。 天津神社と観音堂では奉納後、全員で「千石、万石、守らっしゃれやーい」と唱えるそうです。 【ニュースソース】 http://www.chunichi.co.jp/article/shiga/20090212/CK200902120200001…

続きを読む

赤鬼退治、厄けちらせ! 豊橋・安久美神戸神明社/愛知

「豊橋鬼まつり」が2009年2月10日、11日に豊橋市八町通の安久美神戸神明社であったと中日新聞で記事になっていました。 10日は青鬼が登場。青鬼と氏子らは厄よけの「たんきり飴」や白い粉を見物人に振りまきながら、町内をかけ回る。 11日は赤鬼と天狗が登場。「赤鬼と天狗のからかい」がおこなわれます。 赤鬼は「撞木」と呼ばれる棒を持って天狗を挑発します。天狗がなぎなたを持ってじりじりと追い…

続きを読む

天狗様 豊作お願い 独特の獅子舞 無病息災も祈る/富山

魚津市小川寺地区に古くから伝わる奇祭「宮田」が2009年1月26日、寺院光学坊であったと記事になっていました。 「天狗」や「ババ」と呼ばれる奇面をつけた踊り手らと二人獅子による獅子舞などが披露されたとのことです。 昔は苗代に種もみを下ろして、村中でお祝いする祭りとして4月12日に行っていたが、後に火祭りの行事と合わせて現在の時期に行うようになったと紹介されています。 「天狗」や…

続きを読む

大天狗 優雅に舞う…和歌山・由良で祭り/和歌山

和歌山県由良町門前の興国寺で2009年1月12日、天狗祭りが行われたと毎日新聞などが報じていました。 同寺が火災の被害を受けた際、上州・赤城山の天狗たちが現れ、一夜にして本堂を再建した …との伝説にちなみ、成人の日に行われているそうです。 和歌山の寺を、上州(群馬県)の天狗たちが助けたというのも、なんだか面白い話です。 【ニュースソース】 http://osaka.yomi…

続きを読む

大てんぐ面のすす払い、群馬の迦葉山弥勒寺/群馬

天狗伝説が残る群馬県沼田市の迦葉山弥勒寺で2008年12月13日、恒例の大天狗面やお堂のすす払いが行われたと記事になっていました。 【ニュースソース】 http://www.nikkei.co.jp/news/shakai/20081213STXKG006513122008.html http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/200812130100020…

続きを読む

てんぐの挑発に怒る獅子 伊賀・敢国神社例祭で神楽奉納/三重

伊賀市一之宮の敢国神社で2008年12月5日、例祭の「おんまつり」があり、鼻高と獅子がかけあう獅子神楽が奉納されたと中日新聞で記事になっていました。 道化役の「鼻高」が休んでいる獅子を、楽器や扇子を手にしたてんぐがこっけいなしぐさで挑発。我慢しきれなくなった獅子が跳び上がり、頭を振って激しく暴れ回るという筋書きのようです。 【ニュースソース】 http://www.chunichi…

続きを読む

大天狗「湯切り」最高潮 飯田・遠山の霜月祭り始まる/長野

飯田市南信濃、上村両地区に伝わる「遠山の霜月祭り」が2008年12月1日、南信濃木沢八日市場の日月神社を皮切りに始まったと信濃毎日新聞などで記事になっていました。 鎌倉時代までさかのぼるといわれる伝統ある祭り。旧暦11月は日照時間が短いため、生命力が最も弱まる時期という考えから各地の神々を招き、湯を献じて魂の再生を図る目的で行われています。 日月神社では、黒い天狗の面を付けた禰宜が、…

続きを読む

イノコ祭:てんぐや赤鬼、威勢良く 石見神楽姿の児童も-浜田・大元神社/島根

天狗や赤鬼が登場する浜田市大辻町の大元神社の「イノコ祭」が2008年11月16日に行われたと毎日新聞で記事になっていました。 この日は、先払い役の大人5人が天狗、赤鬼、白鬼、キツネなどに扮して登場。 サカキと鬼棒を持って各家に入り、「ホイサー ホイサー」と大きな声を出して清めていたと紹介されています。 記事によれば、旧浜田市内では、この日からこたつをだす風習があるということです。 …

続きを読む

男子が主役!火の祭り 秩父・荒川で「原の天狗まつり」/埼玉

秩父市荒川白久の行事「原の天狗まつり」が2008年11月15日、原地区の山の中腹で行われたと埼玉新聞で記事になっていました。 山の神の天狗を小屋に迎え、災難に遭わないように祭る行事。 「天狗小屋」は3本のスギの木で高さ約10メートルの三角錐の塔を建て、先端に麦わらで束ねた「天狗の枕」を取り付け、その下に竹、ヒノキの葉っぱ、麦わらで小屋を仕上げるそうです。 行事の当日は以下の流れ…

続きを読む

鬼たちが砂を投げつけ災厄払い 五島・玉之浦「大宝の砂打ち」 /長崎

サンドーラと呼ばれる砂鬼が沿道の住民らに砂を投げつける「大宝の砂打ち」が2008年10月26日、五島市玉之浦町大宝であったと長崎新聞で記事になっていました。 大宝の言代主神社の豊作豊漁、無病息災などを祈願する例祭の一環で、サンドーラの投げつける砂には災厄を祓う効果があると言い伝えられます。 サンドーラのほかに、天狗(猿田彦)、獅子、おけを頭に乗せた女形のほか、くわ、杵、魚、稲などを持…

続きを読む

尾道ベッチャー祭り彩る 3鬼神張り子の面復活/広島

天狗や般若の木製面をかぶった鬼神役が、子どもを棒でたたくなどして無病息災を願う「尾道ベッチャー祭り」にちなんだ、3鬼神の張り子の面が復活したと話題になっているそうです。 ベッチャー祭りとは、尾道市東土堂町の吉備津彦神社の神事。 1807年、はやり病の平癒を願って始まったとされる。「ベタ」「ソバ」「ショーキー」の3面の鬼神が、祝棒やササラなどで子どもらをたたくなどして街中を回る祭り。「ベタ…

続きを読む

日本一の大天狗:緑色に化粧直し-美濃加茂/岐阜

美濃加茂市森山町の古井の天狗山境内にある「日本一の大天狗」像が緑色に化粧直しされ、完成式が行われたと毎日新聞で記事になっていました。 大天狗の像は高さが約12メートルとのことです。 【ニュースソース】 http://mainichi.jp/area/gifu/news/20081024ddlk21040077000c.html

続きを読む

天狗たたいて厄よけを祈願 立江秋葉神社の天狗しばき/徳島

子供たちが天狗とキツネをしばいて厄よけをする「天狗しばき」が2008年10月17日、18日に小松島市立江町清水の立江秋葉神社で開かれると徳島県観光情報サイト阿波ナビで紹介されていました。 子供たちは、ササの枝を振り回して、天狗とキツネをたたきます。天狗らは激しい追い立てに我慢できず、最後は一目散に逃げていくという筋立て。 この神社に400年以上も前から伝わるとされる伝統行事で、「天狗…

続きを読む

7年ぶり俵振り、獅子舞 南丹・道相神社で神楽奉納/京都

京都府南丹市美山町宮脇の道相神社の秋季大祭が2008年10月12日に営まれ、道相神楽が7年ぶりに奉納されたと京都新聞で記事になっていました。 天狗、ひょっとこなども現れ、2頭の獅子舞が独特のしぐさを披露したと紹介されています。 【ニュースソース】 http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P2008101300035&genre=J1&a…

続きを読む

100年ぶり獅子頭新調 富山県射水市黒河で躍動感ある演舞/富山

射水市黒河地区の獅子舞新調披露式は2008年10月12日、黒河神社で行われ獅子舞が披露されたと富山新聞で記事になっていました。 黒河の獅子舞は、獅子舞が多いとされる富山県の「とやま獅子舞百選」に選ばれており、胴幕に十人が入る大型の百足獅子。さらに獅子の背中にテングや子どもを乗せる「ノッタカ」が特徴。 今年は、獅子頭、胴幕、天狗の面、衣装、笛、太鼓など獅子舞用具一式が約100年ぶりに新…

続きを読む

黒い獅子の舞を奉納 9年ぶり 相生・磐座神社/兵庫

相生市矢野町森の磐座神社の秋季例祭で、黒塗りの雄の獅子舞を奉納すると神戸新聞で記事になっていました。 天狗と雄獅子が参道で掛け合い、赤い雌獅子も合流して共に宮入り。 境内では、雌獅子が約一時間の舞を納めると紹介されています。 【ニュースソース】 http://www.kobe-np.co.jp/news/seiban/0001516042.shtml

続きを読む

迫力の「金蔵獅子」奉納 高山の加茂神社など/岐阜

高山市国府町上広瀬の加茂神社と諏訪神社で2008年9月21日、例祭が営まれ「金蔵獅子」が奉納されたと中日新聞で記事になっていました。 金蔵獅子は、田畑を荒らす獰猛な獅子を金蔵がおかめという名の乙女とともに退治する物語で、江戸時代から続くといわれています。金蔵は天狗面をかぶり、おかめは、名前通り、おかめの面をかぶるようです。 天狗はサルタヒコ、おかめはその妻、アメノウズメを象徴しますが…

続きを読む

獅子練り華やかに行進 大御食神社の例大祭/長野

駒ケ根市赤穂の美女ケ森大御食神社の例大祭宵祭りが2008年9月21日に行われたと中日新聞で記事になっていました。 祭りでは、笛と太鼓の音に合わせ、鬼や天狗、獅子などに扮した氏子らの華やかな行列が、今年の年番の上赤須区から神社へと進むとのことです。 この獅子というのが、獅子舞のようなめでたいものではなく、昔、農作物を荒し回る獅子がいたことに由来するそうです。農作物を荒らす獅子に酒を飲ま…

続きを読む

天狗と枠旗祝いの乱舞/石川

久麻加夫都阿良加志比古神社の秋祭り「お熊甲祭」が2008年9月20日、七尾市中島町で行われたと読売新聞などで記事になっていました。 天狗の面をつけた「猿田彦」が軽快な踊りで先導し、みこしが練り歩いた…と、紹介されています。が、なんとも違和感を覚えます。 このように「天狗の面をつけた猿田彦」という紹介は、この記事に限らず、まれに見かけますがおそらく、記事執筆者は「猿田彦はある時代から天…

続きを読む

野菜人形で豊作祈る 高山・秋神地区で天狗祭り/岐阜

高山市朝日町秋神地区の3地域で2008年9月10日、「天狗祭り」があったと読売新聞ほかで記事になっていました。 祭りの由来については、各ニュースソースごとに異なる説明がされています。 ●読売新聞 江戸時代、田畑の害虫に悩んでいた住民に、通りかかった行者が「天狗を作って祭ればいい」と告げたのが始まりとされ、毎年210日前後に祭りを開いている。 ●毎日新聞 地元の古老によると、…

続きを読む

かがり火に舞う 数河獅子前夜祭/岐阜

数河獅子の前夜祭が2008年9月4日夜、岐阜県飛騨市古川町数河の白山神社であったと中日新聞などが記事にしていました。 雌雄の獅子が戯れる「曲獅子」、天狗と猿、熊が協力して獅子を倒す「天狗獅子」、農民の金蔵が暴れん坊の獅子を退治する「金蔵獅子」の3段構成。5日の本祭は松尾白山神社で披露されるとのことです。 【ニュースソース】 http://www.chunichi.co.jp/a…

続きを読む

酒だる奉納し男衆練る 美浜で豊作と繁栄願い「八朔祭」/福井

美浜町新庄地区で2008年9月1日、五穀豊穣と子孫繁栄を願う「八朔祭」が営まれたと中日新聞で記事になっていました。 酒樽を吊るしたスギの丸太を男衆らが担いで地区内を練り歩き、同地区の日吉神社へ奉納する祭り。この列の周囲では、天狗の面をかぶり、赤い衣装をまとった男性が、男性器を模した長さ約30センチの黒い木彫りのご神体を手に、女性を追い回したと紹介されています。 【ニュースソース】 …

続きを読む