迫力、4メートル超の大鬼 15~19日に宇都宮・八坂神社天王祭/栃木

昔話「桃太郎」を題材にした人形が十日、宇都宮市今泉四の八坂神社の境内にお目見えしたと東京新聞で記事になっていました。 天王祭は江戸時代から続く行事。神話など毎年違うテーマを題材にした人形を飾り、家内安全や無病息災を願うのが名物となっているそうです。 【ニュースソース】 http://www.tokyo-np.co.jp/article/tochigi/20120711/CK2012…

続きを読む

黒鬼に扮し子どもら「盆綱引き」 筑後市/福岡

奇祭「盆綱曳き」が2010年8月14日、福岡県筑後市の久富地区であったと各紙で報じていました。 全身にすすを塗り、真っ黒な鬼に扮した子どもが大綱を引いて練り歩くというものです。 【ニュースソース】 http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/190964 http://www.chunichi.co.jp/s/article/201008140…

続きを読む

妖怪を画像検索できるデータベース/京都

国際日本文化研究センターは2010年6月16日、妖怪や怪異現象の画像を検索できるデータベースを公開したと記事になっていました。 日文研が所蔵している近世・近代の絵巻物などの絵画資料100点から、画像1,826件をデータベース化したもの。名称だけでなく、しぐさ、持ち物、色、原典などさまざまなキーワードで検索可能であることが特徴とのことです。 素晴らしいですね。 怪異・妖怪画像デー…

続きを読む

春日神社神幸祭開幕 神輿、山笠練り歩く 田川市/福岡

2010年5月22日、春日神社神幸祭が田川市宮尾町の同神社やJR田川後藤寺駅前などで始まったと記事になっていました。 先導したのは神楽の鬼。鬼が子どもたちを抱き上げると、健康に育つと言い伝えられるそうですが、ほとんどの子どもたちは怖がって泣き叫ぶとのことです。 【ニュースソース】 http://mainichi.jp/area/fukuoka/news/20100523ddlk40…

続きを読む

『獅子殺し』熱く復活 輪島 青年団が63年ぶり奉納/石川

輪島市本江町の大幡神杉伊豆牟比咩(おおはたかんすぎいずむひめ)神社で2010年5月3日、大幡郷社祭があり、63年ぶりに「獅子殺し」が奉納されたそうです。 獅子殺しは名前通り、獅子を退治する演目のようで、記事中では、能登半島に伝わる猿鬼伝説と関係するようなことが書かれています。しかし、なぜ、獅子殺しなのか、とくに説明はされていません。 【ニュースソース】 http://www.c…

続きを読む

石山寺で青鬼まつり/滋賀

2010年5月16日、災いを除いて福を招く「青鬼まつり」が大津市の石山寺で行われると記事になっていました。 この青鬼とは、もともと僧侶が死後に鬼になってあらわれたというもので、現在では、東大門前にスギの葉で作った鬼の像を飾り、参拝者には厄よけのうちわを配るそうです。 僧侶の名前は、石山寺中興の祖・朗澄(ろうちょう)。平安末期から鎌倉初期に生きたかたで、死後、鬼になって庶民の前にあらわ…

続きを読む

豊穣祈り鬼が舞う 設楽で黒倉田楽/愛知

設楽町平山の黒倉神社で2010年2月21日、黒倉田楽があったと記事になっていました。 五穀豊穣を祈る田楽で、鬼が登場する。 鬼は、奥三河地方に伝わる伝統芸能「花祭り」の要素を取り入れられたとされ、まさかりを振り回し、火の粉を散らす。 鬼は、祖先神の象徴と、私は考えています。 【ニュースソース】 http://www.chunichi.co.jp/article/aichi/…

続きを読む

無病息災願い「アーオー」鬼 豊橋鬼まつり/愛知

1000年以上前から続くとされる愛知県豊橋市八町通の安久美神戸神明社に伝わる「鬼祭り」が2010年2月10日、始まったと記事になっていました。 11日午後2時からは、悪さをする赤鬼を天狗がこらしめる呼び物「赤鬼と天狗のからかい」が行われます。 【ニュースソース】 http://www.chunichi.co.jp/article/national/news/CK2010021002…

続きを読む

鬼踊り勇壮に 三木・蓮花寺で追儺式/兵庫

三木市口吉川町にある蓮花寺の追儺式が2010年2月7日営まれたそうです。 約800年前の平安時代末期から続くという伝統行事。赤鬼、黒鬼、青鬼2人の大鬼計4人と、児童による子鬼4人が登場。大鬼は鐘の音に合わせて足を踏みならしながらたいまつを振り回し、柱に激しくぶつけて火の粉を飛び散らせた。鬼が木片を投げ込むと、参拝客はわれ先に拾ったと紹介されています。 【ニュースソース】 http:…

続きを読む

「災いを福に」赤鬼と青鬼の舞…兵庫・円教寺で修正会/兵庫

姫路市の書写山円教寺で2010年1月18日、伝統の鬼追い会式「修正会」が営まれたと各紙で報じられていました。 摩尼殿の暗闇のなか、赤鬼がたいまつを振り回し、青鬼が宝剣を手に舞を披露したそうです。 赤鬼は毘沙門天、青鬼は不動明王の化身とされ、邪鬼を追い払うというと紹介されていますが、おそらく仏教伝来後のあとづけ設定と考えられます。 http://mainichi.jp/area/hy…

続きを読む

勇壮に「鬼走り」…五條・念仏寺/奈良

奈良県五條市大津町の念仏寺陀々堂で2010年1月14日夜、室町時代中期から続く伝統行事「鬼走り」が営まれたと記事になっていました。 赤、青、茶色の3匹の鬼が大たいまつを持って現れ、堂内を勇壮に走り回って災厄を払い幸いをもたらすというものです。この鬼は親子とされ、それぞれ父鬼、母鬼、小鬼とされます。 【ニュースソース】 http://osaka.yomiuri.co.jp/nara/…

続きを読む

戸岐神社例祭:大漁、悪疫退散を祈願-五島/長崎

五島市戸岐町の戸岐神社例祭が2010年1月10日、神社一帯であったと記事になっていました。 子どもの健やかな成長や家内安全、大漁などを祈願して、天狗、鬼、翁、媼などが練り歩き、みこしが町内を巡ったそうです。 露払い役の天狗は、猿田彦関連の象徴として、鬼、翁、媼はマレビトの一種のような気もします。 【ニュースソース】 http://mainichi.jp/area/nagasa…

続きを読む

豊作願い鬼大暴れ、「田遊び・鬼会」/兵庫

2010年1月8日夜、兵庫県加西市上万願寺町の東光寺で「鬼会(おにえ)」あったそうです。 室町時代末期には既にに行われていたとされる五穀豊穣を祈る行事。赤鬼と青鬼が登場し、柱にたいまつをたたきつけて火の粉を飛び散らし、ほこを突き出して激しく暴れ回り、悪霊や災難を追い払うというもの。 おそらく、この鬼は歳神、または先祖神を意味するのではないかと私は考えます。 【ニュースソース】 …

続きを読む

新春の伝統行事「鬼追い」 /鹿児島

2010年1月7日夜、曽於市末吉町深川の熊野神社で「鬼追い」があったと各紙で記事になっていました。 鬼追いは、悪疫退散を祈願する奇習で約1,250年前から伝わるとされる伝統行事。 鬼は地元の数え年で25歳の厄男が扮し、わらで作った「鬼ん手」と呼ばれる棒を振り回しながら暴れ回ります。鬼が暴れれば暴れるほど、その年は無病息災や五穀豊穣に恵まれると言い伝えられているため、鬼は執拗に暴れまくりま…

続きを読む

鬼、退治すべし 太宰府で神事/福岡

「鬼すべ」神事が2010年1月7日夜、太宰府市の太宰府天満宮であったと各紙が報じていました。 炎と煙で鬼を追い払って福を呼び込むという伝統の火祭り。平安時代から続くといわれ、約9,000人もの参拝客が集まったと記されています。 【ニュースソース】 http://mytown.asahi.com/fukuoka/news.php?k_id=41000001001080005 htt…

続きを読む

「おにのぬいぐるみ」ストラップ 香川・鬼ケ島で限定販売/香川

香川県高松市沖の女木島(鬼ケ島)の観光施設「鬼ケ島おにの館」は、2009年12月から鬼ケ島限定の「おにのぬいぐるみ付き携帯電話ストラップ」の販売を開始していると紹介されています。 女木島は、桃太郎伝説の鬼が住んでいたとされるところから「鬼ヶ島」とも呼ばれている島です。 【ニュースソース】 http://sankei.jp.msn.com/region/shikoku/kagawa/…

続きを読む

鬼シンポ:大江山の酒呑童子、三岳は頼光伝説/京都

福知山市で2009年12月13日、「鬼シンポジウムインふくちやま2009」が開かれたと両丹日日新聞で記事になっていました。 以下、記事を抜粋します。 シンポジウムはホテルロイヤルヒル福知山で開催。「日本の民俗信仰と鬼」と題した佛教大学の八木透・文学部教授の講演、陸上自衛隊福知山駐屯地の隊員による酒呑太鼓の演奏のあと、市教委生涯学習課の八瀬正雄さんが「もう一つの酒呑童子伝説」の演題で事…

続きを読む

鬼ノ城で鍛冶炉跡6基が出土、大規模に鉄器生産か/岡山

岡山県総社市の鬼ノ城の発掘調査で、2009年11月28日までに、新たに計6基の鍛冶炉跡が出土したと記事になっていました。 鬼ノ城は、吉備津彦の伝説に登場する温羅の根城でありながら、日本で唯一の鉄器にかかわる鍛冶工房跡が残る古代山城の遺跡でもあります。 今回の発見では、当時の官営工房に通じる技術も確認。大規模な生産体制を持っていた可能性が高まったそうです。 古代日本、とくに中国地…

続きを読む

福知山駅・観光ギャラリーで鬼の神楽面展示/京都

JR福知山駅北口の福知山観光ギャラリーで、鬼の神楽面が展示されていると両丹新聞で記事になっていました。 展示されている面は酒呑童子、般若、八岐大蛇など6点。日本の鬼の交流博物館の所蔵物とのことです。 展示は2009年12月13日まで。入場無料です。 【ニュースソース】 http://www.ryoutan.co.jp/news/2009/11/21/001429.html …

続きを読む

南極観測船しらせで「赤道祭」 鬼に仮装した乗員も/インドネシア

南極観測船しらせの船上で2009年11月17日午前、「赤道祭」が開かれたと各紙が報じていました。 記事によると、大航海時代から世界中の船乗りが赤道通過の際に行ってきた恒例行事とのこと。 赤道を無事に通過するためには、赤道にいる神様と鬼から鍵を受け取り「赤道門」をくぐらなければならない …という言い伝えがあるそうで、この祭りでは乗員たちが青鬼、赤鬼などに扮装。艦長に扮した乗員が、…

続きを読む

鬼も笑う秋晴れ大江山 酒呑童子祭りで神楽や行列/京都

福知山市大江町仏性寺の大江山グリーンロッジ周辺で2009年11月8日、大江山酒呑童子祭りが催されたと両丹日日新聞などで記事になっていました。 また、祭りのイベントの一つとして、第4回大江山鬼検定が会場近くの日本の鬼の交流博物館で開催。 岡山市や福島県会津若松市など遠方からも参加し、17人が鬼に関する「難問」に挑んだそうです。50問を1時間で解く検定で、今年は大江山鬼退治の源頼光四天王…

続きを読む

百数十人の鬼行列、あっちこっちで泣き声 天神祭/三重

伊賀市の上野天神祭が、2009年10月23日、24日におこなわれたと各紙が大きく報じていました。 2日めの24日には、「足揃の儀」があり、鬼行列とだんじりが中心市街地を練り歩きました。 鬼行列は四つの旧町住民らでつくる「四鬼会」が継承しており、鬼退治の伝説がある武将・鎮西八郎為朝や悪鬼、おのや釣鐘をかついだひょろつき鬼など総勢150人が練り歩くというもの。 地元では「よく泣けば元気…

続きを読む

真剣くわえ勇壮に 浦山の獅子舞 秩父/埼玉

秩父市浦山の大日堂の縁日が2009年10月24日、25日に行われ、「浦山の獅子舞」や「悪魔払い」などがおこなわれたそうです。 獅子舞は、 獅子舞は参拝者の祈願を受けて踊る「祈願ざさら」。 口に真剣の日本刀をくわえて舞う勇壮な「剣がかり」など。 25日には、異形の鬼が家々を巡る「悪魔払い」も行われると記事中で触れています。この「悪魔払い」をおこなう異形の鬼たちは、マレビト系ではないか…

続きを読む

鬼や烏天狗が練り歩き 鎌倉 『面掛行列』で豊年願う/神奈川

鎌倉市坂ノ下の御霊神社で2009年9月18日に「面掛行列」が行われたと各紙が報じていました。 子孫繁栄や豊作、地域の繁栄などを祈願するもので、爺、鬼、異形、鼻長、阿亀など男8人、女2人の10種類の面をかぶった者たちが行列をつくって練り歩きます。 面は、「伎楽」の特色がみられると紹介されています。 【ニュースソース】 http://www.tokyo-np.co.jp/arti…

続きを読む

総社・鬼ノ城に鍛冶工房ゾーン確認 遺構2カ所目 鉄滓など出土/岡山

岡山県総社市の古代山城・鬼ノ城で進められている発掘調査で2009年9月1日までに、同城内2カ所目となる鍛冶工房の跡が確認されたと山陽新聞で記事になっていました。 全国の古代山城で鍛冶工房が確認されているのは鬼ノ城だけとのことです。 鬼伝説と鍛冶、鉄工の点と点が線でつながる貴重な発見になりうるかもしれません。 【ニュースソース】 http://svr.sanyo.oni.co.…

続きを読む

妖怪展:「てんぐのミイラ」注目-青森・県立郷土館/青森

「妖怪展 神・もののけ・祈り」が青森市本町2の県立郷土館で開かれていると毎日新聞で記事になっていました。 河童や幽霊などの資料、ネコや鳥の体を合成して作った「てんぐのミイラ」の標本などが展示されているほか、鬼など異形の神が次第に妖怪としてとらえられた背景も紹介しているとのことです。 展示は10月12日まで。 【ニュースソース】 http://mainichi.jp/area/…

続きを読む

虫よけや雨ごいの祈り/広島

虫よけや雨ごいを祈る踊り「ちんこんかん」が2009年8月16日、広島県三原市新倉1丁目の大須賀神社であったと朝日新聞で記事になっていました。 ちんこんかんの語源は、竹の根が乾くほどの日照りを意味する「竹根乾」や、鉦(かね)や太鼓の音とされる。 なかでも、沼田町のちんこんかんは、 雷鳴を表す太鼓や鉦を打ち鳴らし、鬼たちが稲妻に見立てた六尺棒を振り回す力強い踊りが特徴と紹介されています…

続きを読む

盆の間“黒鬼”が助ける地獄の苦しみ/福岡

2009年8月14日、福岡県筑後市久富地区で伝統行事「久富の盆綱曳き」が開かれたと読売新聞で記事になっていました。 腰蓑をまとい、頭に荒縄の角をつけ、顔や体をすすで真っ黒に塗って黒鬼に扮した子供たちが、大綱を引いて町を練り歩くというもの。地獄に落ちた人を盆の間だけでも綱で引き揚げ、慰めようというものです。 1643年(寛永20年)に始まった仏教行事とされていますが、おそらく仏教に取り…

続きを読む