河童サミット:伝説の生き物・カッパが名古屋に!? きょう愛好家らサミット/愛知

カッパの愛好家らで作る全国各地の団体が一堂に会する「第7回全日本河童サミットIN名古屋」が2008年8月9日、名古屋能楽堂などで開かれると毎日新聞などで記事になっていました。 名古屋には、かつて中川運河と堀川が交わる所にカッパがいたとの伝説があるとのこと。すでに参加者は定員に達しており、当日参加は受け付けていないと紹介されています。 この河童サミットの主催は「堀川とまちづくりを考える…

続きを読む

津山で「ごんごまつり」開幕 1900人練り歩く/岡山

第30回津山納涼ごんごまつりが2008年8月2~3日、津山市で行われたと中国新聞で記事になっていました。 「ごんご」とは、津山地方で言うところの、水の妖怪。ひらたく言えば「かっぱ」のような妖怪です。村上健司著『妖怪事典』によれば岡山県勝田郡、御津郡地方でいう呼び名とのことです。岡山市、美作地方ではゴンゴー、岡山市ではゴンゴージとも言うそうです。また、広島県や山口県などでは妖怪全般を差し示す…

続きを読む

五穀豊穣かっぱに祈る 中津市/大分

大分県中津市耶馬渓町宮園の雲八幡宮で7月29日、「かっぱ楽」が、宮園楽保存会によって奉納されたと朝日新聞が記事にしていました。 ニュースソースの見出しは「五穀豊穣をかっぱに祈る」とありますが、平家の落人である河童は、もともとは退治されるべき存在だったようです。 滅ぼされた平家の落人の霊が、河童に姿を変えて人々に災いをもたらしはじめたため、これを鎮めるために鬼の絵を描いたうちわ「唐団扇…

続きを読む

「稲生物怪行列」参加者募る/広島

もののけに扮して練り歩く初の「稲生物怪行列」が、9月14日の広島市南区段原地区の「猿猴川河童まつり」で行われると中国新聞で記事になっていました。参加者を募集中とのことです。 「稲生物怪録」といえば広島県三次市の伝説として有名ですが、この物語の主人公、稲生武太夫を祭る「稲生神社」が広島市にあることから行列が企画されたということです。 【ニュースソース】 http://www.chug…

続きを読む

才仏川のカッパ伝説/鳥取

境港市竹内町を流れる「才仏川」という小さな川には、そのむかし、カッパが住んでいたという伝説が残っているそうです。以下、一部引用します。 「川太郎」と呼ばれたそのカッパは、10歳の少年と同じくらいのかわいい体ですが、とても力が強く、人が通りかかると「相撲とろう!」と抱きついてくるそうです。 かわいい姿に気を許しうっかり相手になると、大人もかなわないほどのすごい力でずるずると川に引き込んでし…

続きを読む

カッパ尽くしで伝説発信 富山県南砺市の道の駅福光で初の祭り

「瞞着川のほたるとカッパ村祭り」は22日、南砺市の道の駅福光で行われたと中日新聞、富山新聞で記事になっていました。 石黒地区のカッパ伝説にちなんだ地域起こしの一環で、カッパの仮装やカッパ巻きの早食い大会などカッパ尽くしの催しが繰り広げられたと紹介されています。 【ニュースソース】 http://www.chunichi.co.jp/article/toyama/20080623/C…

続きを読む

かっぱサミット 1年遅れで開催へ/熊本

熊本県相良村の徳田正臣村長は30日、財政難を理由に中止の意向を表明した「第15回九州かっぱサミット in 川辺川」について、1年遅れの2009年に開催する方針を明らかにしたと西日本新聞で記事になっていました。 【ニュースソース】 http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/31857

続きを読む

小川芋銭の手帳を発見 『動向知る貴重な資料』/茨城

河童の絵で知られる日本画家小川芋銭専門の研究施設「小川芋銭研究センター」は10日、芋銭の旧居から、名古屋で開いた画会の模様など1917年1月から8月までを記した本人の手帳を発見したと発表したそうです。 【ニュースソース】 http://www.tokyo-np.co.jp/article/ibaraki/20080711/CK2008071102000159.html http://w…

続きを読む